2014年01月08日

ゼログラビティ

鑑賞映画館:TOHOシネマズなんば
スクリーン4
鑑賞日時:12月31日
評価:A-

原題:Gravity
製作:2013年 アメリカ
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:
サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー
エド・ハリス

映画生活 



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は宇宙望遠鏡のメンテナンス作業中に発生した事故で孤立無援の危険な状態に陥ったスペースシャトルのクルーが地球に帰還する姿を描いたもので、舞台は宇宙ではあるもののストーリーそのものはかなりオーソドックスな脱出劇になります。

見どころは圧倒的なまでの映像でしょう。
宇宙、そして宇宙から見た地球の姿は非常に美しく幻想的で、そしてそうであるが故にそこが人間が本来生きていくことができない死の世界であるということを印象的に描き出すことができています。
3Dの使い方も非常によく音の使い方もかなり効果的で、本当に宇宙で撮影してきたと言われても信じてしまいそうなほどの出来です。
まさに一見の価値があります。
3Dの映画はこれまでにいくつも作られてきていますが、少なくとも映像、演出で言えば最高レベルの一つだと間違いないなく言えると思います。

ストーリーそのものは非常にありがちな、それこそ今までいくら作られてきたかわからないような、次から次に襲いかかってくる危険と戦いながら危機を脱出するというただそれだけの、はっきり言ってかなりデタラメなものではあるのですが、舞台を宇宙という使い古されてはいても今までになかったような圧倒的な映像と演出を駆使することで、オーソドックスなストーリーを新たな舞台でやるという娯楽映画の王道中の王道を作り出すことができているわけです。
かなりいい出来の映画です。

ただし、序盤の宇宙に放り出されるシーンが一番盛り上がり、その後はずっと同じような危機と脱出を繰り返しているだけに思えてしまうのが非常に残念です。
これはかなり後半になるまで場面がずっと宇宙でほとんど代わり映えしないせいというのも大きいのでしょうが、大気圏突入シーンのようなシーンですら言うほどの盛り上がりがあるわけでもなく淡々と数々のイベントをこなしていった中の一つという感じになってしまってます。
このせいで最後の重力がある陸地に戻ってこれたという本来は大きな感動とカタルシスがあるはずの部分がやや白けた印象になってしまうのです。
クライマックスに何かもうひとひねりして大きく盛り上がれるような場面を作れたら映画への印象はだいぶ変わったように思えます。
たとえば途中で描かれた自分を助けるために犠牲になったベテラン飛行士の姿を夢?で見て危機を脱出するヒントを得る場面を大気圏突入の場面に入れ込み、失敗の危機をベテラン飛行士のアドバイスですんでのところで回避して地球へ帰還することができたといったことを描いていれば、ここで大きなカタルシスが得られたよのではないでしょうか。

そういう意味で映像や個々の演出はかなりいい出来ではあるものの見終わったあとに物足りない感覚が残ってしまうことは否定できず、もう一捻り何かがあればもっと見応えのある傑作になりえたのではという感想を抱いてしまいます。






posted by lasta at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(13) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

おおかみこどもの雨と雪

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:12月29日
評価:B+

原題:おおかみこどもの雨と雪
製作:2012年 日本
監督:細田守
出演:
宮崎あおい
大沢たかお
黒木華
大野百花
西井幸人
加部亜門
菅原文太

映画生活 



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は狼男との間にできた子供を一人で育てる女性を描いたもので、シチュエーションは極端ではあるもののストーリーの基本はかなりありがちな育児日記的なものです。

一人の男性とめぐり合い、子供が生まれ、そして突然男性がいなくなったあと孤立無援と試行錯誤の中でなんとか子供を育てていく。
これだけを見ればNHKの朝のドラマでやりそうなストーリーです。
ここにめぐり合った相手が狼男だった、子供もちょっとしたことで狼に変身してしまうという特殊な設定を入れることで、全体をファンタジックかつ寓話的に描くことができていますし、親族がいないというだけではなく行政その他も含めて誰も助けを求めることができないという孤立無援さや、都会を捨てて田舎の生活を選ぶという都会の生活に疲れた大人の自己満足な行動になりがちなことに一定の説得力を与えることもできています。
必ずしも親が望んでいるわけではない狼としての生活を選び、そうであっても親としては気になって仕方がない弟と、母親と同じ人間としての生活を選んだが故にあまり手がかからず、そして人間としての経験を積み重ねていき親とは訣別していく姉という対照的な二人を描くことで、親離れ子離れの過程で必ずしも理解しあえるものではないすれ違い的なものも描けているのではと思えます。
大きな憧れを持ってはいるがある程度以上はどうしても入ることができない動物の社会は、女性から見た男性社会の比喩なのではとも思えるのですが、これは穿ちすぎというものでしょうか。
作品としては狼男云々は別にしても、リアルでドロドロとした人間模様を描こうと思えばいくらでも描けるところを敢えてファンタジックにまとめている感があり、そのせいか(細かいところは妙にリアルにも関わらず)全体にリアリティに欠ける作品ではあるのですが、育児ドラマを寓話的にまとめた作品と考えればそれほど悪いものではないと思います。
個人的には言うほど面白いとは思えなかったのですが、アニメーションとしての出来も悪くないですし、子育てを終えられた年齢層の特に女性の方にはアピールするところの多い映画ではないでしょうか。






posted by lasta at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(15) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。