2012年01月15日

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:12月23日
評価:A-

原題:少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録
製作:1999年 日本
監督:幾原邦彦
出演:
川上とも子
渕崎ゆり子
子安武人
三石琴乃
久川綾
草尾毅
西原久美子
本多知恵子
今井由香
及川光博

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。


この映画は1997年にテレビ放映され、その特異で抽象的な描写とテーマ性で話題になったアニメ作品の劇場版です。
テレビ版と比較した場合、特殊な学園を舞台にした剣による決闘や、その勝者への賞品としての少女の存在など大まかな設定は踏襲されているものの、キャラクター造形から各種設定、ストーリーの流れに至るまでかなりの相違点があり、別物と考えた方がいい部分が大きいものになっています。

一見して非常に特徴的なのは、やはり非常に作りものっぽい描写でしょう。
もちろん、アニメ作品はどんな作品でも多かれ少なかれ戯画的な部分があるものではあり、必ずしもリアリティを追及しているわけではないとは言えますが、この作品に関してはある種の開き直りと言いますか、完全に作り物的、あるいは舞台演劇の書き割り背景的な描写が随所に見られ、独特な雰囲気を持った世界観を作り上げています。
そしてこの独特の違和感や非現実感こそが作品の持つテーマ性、メッセージ性につながっているとも言えると思います。

もちろん劇場版のために再構築されているとは言え、そこはやはりウテナ。スピード感のある激しいアクションシーンや特殊な人間関係などを次々に見せていきながら、さらっと見ただけでは結局は何がなんだかわからないまま終わってしまう極めて抽象的かつ難解な作品です。
私自身最初に映画館で観たときにはよくわからないけど凄かったが感想の全てのような状態で、ある程度内容を吟味して見ることができるようになったのはかなり後の話です。
そうである以上様々な解釈が可能な話ではありますが、敢えて解釈を試みた場合、主役たる男装の少女=天上ウテナと、ヒロインあるいはお姫様である姫宮アンシーは基本的に同一人物であり、アンシーは具現化されたウテナの深層心理だと見るべきでしょう。
つまりは、舞台となっている学園も、そこで行われている決闘ごっこも、その勝者に与えられる少女アンシーも、その他全ての美しくも残酷なものたちは基本的には全てウテナの精神世界の出来事であり、必ずしも愉快なものではない現実世界の様々な事象の投影だと考えられます。
つまり、冬芽を死なせてしまった幼い日の事故など受け入れたくない現実から逃げだす先の理想郷こそがあの学園であり、勝者に賞品として与えられる少女アンシーはあらゆる苦難を自らの意志を放棄することで受け入れているもう一人の自分ということではないのでしょうか。
そして、作品全体を通して描かれているものは、この偽りの理想郷の中で朽ち果てるのを待っているだけの自分自身を外の現実世界へと旅立たせる過程だと考えられるわけです。
そう考えれば、この学園のあらゆるものが作りもののようであることも、夢の中の出来事のように主観と客観が入り混じった描写も、かなり唐突に車へと変身しカーチェイスを行うというラストへ至る超展開も、全て納得がいくものになるのです。
そしてこのカーチェイス、そして最終的には学園に戻そうと甘い誘惑をしてくるアンシーの兄の幻影を打破し外の世界に旅立って行こうという流れこそが、現実へ旅立とうとする強い気持ちと、甘美な理想郷の中へ戻りたいという甘い気持ちの葛藤を表したものと言え、この作品全体を通した大きなテーマとなっているのだと考えられます。

ところでこのカーチェイスシーンでは非常に印象的なものが登場します。
それは行く手を遮る巨大な城のような構造物です。
これは外見は美しい城でありながら、その実態は大小様々な車輪で通り抜けようとする全てのものを容赦無く押し潰そうとする凶悪な障害物で、そこを無傷で通過することはまず不可能な代物です。
それは外からは素晴らしい憧れのものに見えても実態は酷い、しかしその洗礼を浴びなければさらにその先、自分が進みたい世界に行くことはできないという社会の縮図のようですらあります。
もしかするとこの城こそが作者の現実への思いそのものかもしれません。

もちろん、様々な解釈ができる作品である以上、他の解釈も色々と可能です。
制作サイドからは正解のようなものは特に提示もされていないですし、どれが正解というわけでもありません。
むしろ、このような作品は、作品を通して何かを考えるきっかけにするのがいいのではないかと思いますし、そのきっかけにするには十分なくらいの抽象性とテーマ性を持った作品であると、私は感じます。






posted by lasta at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター1
鑑賞日時:1月2日
評価:A-

原題:Mission: Impossible – Ghost Protocol
製作:2011年 アメリカ
監督:ブラッド・バード
出演:
トム・クルーズ
ポーラ・パットン
サイモン・ペグ
ジェレミー・レナー
ミカエル・ニクヴィスト
ウラジミール・マシコフ
ジョシュ・ホロウェイ

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。


今年最初の映画は往年の大人気スパイドラマ「スパイ大作戦」のリメイクシリーズの最新作です。
タイトルの「ゴーストプロトコル」とは、主人公らが所属する組織であるIMFをCIAから切り捨てる命令のことで、劇中での主人公たちの孤独な戦いを暗示したものです。

なんと言いますか、いい意味で量産型のスパイ活劇という感じです。
筋立てとしては核テロリストの暗躍や間近に迫った米ロ核戦争の阻止と言った、スパイ映画のお約束的内容で特に目新しさは無いものの、モスクワ、ドバイ、そしてムンバイと世界的に展開していきますし、アクション的にも特にドバイのシーンはかなりがんばっていて、見どころはかなり多いと思います。
この映画ならではというものも特に思い当たらない内容ではありますが、逆にアクション有り、スリルとサスペンス有り、ちょっとしたコメディ有りで、安心して見ることができる「スパイ活劇」の一つにはなり得ているのではと思います。

あえて難を言えば、構成がやや気になります。
中盤で展開されるドバイでのアクションシーンは、超高層ビルの壁面を使ったり砂嵐の中でセンサーを潜水艦のソナー的に使ったりとなかなか見応えがあり、かなりの見せ場になっているものの、映画全体としてはクライマックスシーンというわけでもないせいかやや抑えめの演出です。
そしてその後展開されるインドでのシーンは立体駐車場を使ったトリッキーなアクションなどがんばってはいるものの、世界一の超高層ビルと比べれば地味な感は免れず、全体としては尻すぼみで地味な印象を残してしまうことは否定できません。

まぁ、それを含めてもよくあるスパイ活劇と言っていいのかもしれません。
最新の技術を駆使しながらもどことなくレトロで、幼いころ手に汗を握りながらテレビで見ていたスパイ映画の雰囲気を楽しむという意味では十分すぎるほど合格点を出せる映画だと思います。





posted by lasta at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。