2012年06月23日

テルマエ・ロマエ

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター3
鑑賞日時:4月29日
評価:A-

原題:THERMÆ ROMÆ
製作:2012年 日本
監督:武内英樹
出演:
阿部寛
上戸彩
北村一輝
宍戸開
勝矢
竹内力

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画はヤマザキマリによる同名漫画の実写映画化で、古代ローマ人が現代にタイムスリップしてきて巻き起こす様々なエピソードを綴ったコメディ映画です。

これはやられました。
基本的にはタイムスリップしてきた過去の人間が現代の技術を見て驚くさまを見て楽しむ割りとありがちなカルチャーギャップコメディとはいえます。
しかし、ただ無知な古代人がうろたえるさまを笑い飛ばして終わりというようなものではなく、その古代人が無理難題を抱えて悩む風呂技術者で、現代で「平たい顔族」が作り上げた様々なものから解決策を見出し、そしてローマ時代に戻って当時の技術でそれらしき…当時としては画期的なものを作り上げて問題を解決していくという一連の流れが作り上げられていて、その真摯なまでのひたむきさ、そして風呂に対する愛情はかなり戯画的ではあるものの感動的ですらあり、ただ笑い飛ばして終わるだけの凡百なコメディ漫画の類とは一線を画していると感じます。

さらにこの映画を引き立たせているのが古代ローマ人を演じる阿部寛で、たとえ濃い顔とはいえ日本人にローマ人役をやらせるのはかなり思い切った、そしてリスクの高い配役ではあったのでしょうが、この映画に限って言えば阿部寛の体当たりの好演もあって全く悪くないどころか、(現代的視点で見れば)ちょっとおかしな人を完璧すぎるほど完璧に演じきっていると感じました。
他のローマ人もそれぞれ濃い顔の役者さんが勢揃いで、そこもある意味見所と言えるかもしれません。

ところでこの映画、前半は割と原作に沿った展開ですが、後半になるに従ってラブコメ色が強くなっていくところが評価が別れる点かと思えます。
原作ではタイムスリップ先はそのたびにバラバラな場所で、あくまでローマ人ルシウスにとっての驚きにみちた異国文化をオムニバス的に描いているだけなのですが、この映画では漫画家志望の女性を軸にしてその女性との交流を描いているのです。
確かにこれは原作ファンにとっては余計な要素でしょうし、前半の勢いが後半で失われていく感があることも否定できないのですが、同時にあくまで短編の連続と言っていい原作のそれぞれの要素に現代日本側のつながりをもたせ、1本の大きなストーリーとしてまとめあげることができていて、これはこれでありなのではと思えます。

まとめて言えば、着眼点と発想がすばらしい原作に、阿部寛のすばらしすぎる演技、そしてローマ帝国の史実と現代日本が絡みあって展開する壮大かつ身近な物語など、どこをとってもなかなかよいものとして仕上がっていると感じました。
後半の現代からローマ時代にタイムスリップするあたりからの流れがちょっと気にはなるものの、それを含めてもかなりの良作と言えるのではないでしょうか。




posted by lasta at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

バトルシップ

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター3
鑑賞日時:4月22日
評価:B

原題:Battleship
製作:2012年 アメリカ
監督:ピーター・バーグ
出演:
テイラー・キッチュ
浅野忠信
ブルックリン・デッカー
リアーナ
アレクサンダー・スカルスガルド
リーアム・ニーソン

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

バトルシップとは一般的には戦艦を意味する単語で、この映画の場合は元ネタとなったハズブロのテーブルゲームのタイトルであり、そしてダブルミーニングとして戦艦の意味も持っているといったところです。
実写版トランスフォーマーを彷彿とさせる圧倒的な映像にかなり期待して映画館に足を運んだのですが、なんといいますか、良くも悪くもハリウッドのアクション映画でした。

確かに画面は凄いです。
特に後半、ミズーリが出てきてからの展開はなかなかいいです。
逆に言えばそれだけの映画で、細かいことは一切気にしてはいけない系統の映画です。
ボイラーに火を入れたらすぐに動き出せたりとか、記念艦なのに作戦行動可能な弾薬や燃料を積み込んでるとか、錨を使って急旋回したらどうなるかとか、そういう細かいことは一切気にしてはいけないのです(笑

難を言えば、まず宇宙人の行動原理がよくわからないというところでしょうか。
全体を通してみれば地球人がやっている行動を拡大してやっていることの連続であり、また彼らが使っている艦艇も戦闘艦艇にしてはひどく脆弱で、あくまで調査目的で地球にきたものの意思疎通が難しい相手とのコミュニケーションを試行錯誤している中での不幸な衝突なのかとも思えるのですが、それにしては通信手段の奪取等々がやたらと乱暴で、では途中で戦術を変えてきてるのかと思えば最後の戦闘の至るまで地球側に攻撃意図を確認しないと攻撃しないという交戦規則は守りぬくという、結局この人らは何がしたいんだろう、と思えてしまうところです。

全体に青春映画っぽい筋立てになっているのですが、それが今ひとつ活かされた感じを受けず、冗長な印象を受けてしまうのも気になります。
予告編の映像で期待させられるような艦隊戦もほとんどなく、あくまで単艦での戦いばかりというのも変に小さくまとまった印象を与えてしまうところでしょうか。

また日本人艦長との共闘というのも大きなテーマになってはいるのですが、護衛艦そのものが共闘している状態ならともかく、あくまで艦長一個人が米軍の行動に協力しているだけですし、その彼が海自所属である必然性もあまりないストーリー展開で、あまり効果的に使えているとは思えませんでした。
これならば、あくまで兄弟の共闘ということにして、序盤から続いた兄弟の確執が共闘の中で解消していくという筋立てにした方が序盤の細かいストーリーにも意味を出せて良かったのでは、と思えてしまいます。

全体としては映像とアクションは悪くないものの、まとまりが今ひとつなことと緊迫感と緊張感に欠ける感じが否定できず、面白いという域まではいっていない、何か微妙なものが残る映画だというところです。
どうせやるならトランスフォーマーくらい大騒ぎすれば良かったのでしょうが、片方が現実の人間だということや、元ネタのゲームから大きく逸脱するわけにもいかず、あまり思い切ったことができずに中途半端に小さくまとまってしまったのかもしれません。
場面場面を見ればいいところはいくらでもあり、もう少しなんとかすればかなりの良作になったはずだと残念な気分になってしまいます。





posted by lasta at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。