2012年07月17日

ファイナル・ジャッジメント

鑑賞映画館:アポロシネマ8
シアター6
鑑賞日時:6月10日
評価:C

原題:ファイナル・ジャッジメント
製作:2012年 日本
監督:浜本正機
出演:
三浦孝太
ウマリ・ティラカラトナ
海東健
田村亮
並樹史朗
宍戸錠

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画はオウランと呼ばれる架空の国家…まぁ、中国なのですが、ここにある日突然占領されてしまった日本を舞台にした宗教的レジスタンス活動を描いた映画です。

正直言って、この映画をまともに評価するのは難しいと感じます。
簡単に言えばかなりどうしようもなくつまらない映画です。
何しろ作品内でのリアリティというもの、あるいは描かれている虚構に対するリアリティの構築といったフィクション作品ではかなり重要な視点が完全に抜け落ちているのです。

たとえば、ある日突然オウランの多数のヘリや戦闘機が渋谷の街を覆い尽くし、日本の併合を発表する場面。映像的なインパクトは確かにあります。
が、私などはこの場面で必死に笑いを堪えていました。
あんなことをやるためにはいったいどれだけの空母や強襲揚陸艦が、そしてそれに随伴する補助艦艇群が必要で、それを維持するためにどれほどの国力が必要だと思っているのでしょうか。あるいは国内のどこかに誰も知らないうちにオウランの大規模な航空基地ができていたとでも言うのでしょうか。そして自衛隊はこの間いったい何をしていたのでしょうか。そしてこの前後に政府の存在や行動なども一切感じられないのはどういうことでしょうか。(それ以前にあれだけの密集であの低高度を飛ぶのは無理というものですがそれはまぁいいでしょう)
劇中では左翼政権だから程度のどうしようもない話以外何も語られません。
極東のパワーバランスの大きな変化に対するアメリカの行動も全く描かれません。
オウランが攻めてくるという結論だけを派手に見せればそれでいいというような場面でしかないのです。

これ以外でもあまりにも都合がよく、そして説得力に欠ける展開や描写が多く、正直辟易してきます。
主人公らが所属するレジスタンスグループは宗教活動も含めて完全に非合法な組織でありながら、実際に行動を起こそうとするまでは誰も拘禁されていないとか、悪逆非道なはずのオウランの軍人は襲われてもろくに発砲もしない平和主義者(笑)だとか、
レジスタンスグループの思想と活動が国内よりもなぜか海外で支持されているとか、処刑場からなぜか簡単に逃げだせるとか、渋谷の真ん中で演説を始め、それを国営放送の機材を利用して世界に中継しているのに物理的に排除されないとか、宗教的理念に満ちた演説でなぜか宗教を信じないはずの国の人が畏れ入るとか、それぞれかなり無理のある話で、虚構としてこれらをきちんと描くためにはかなり難しい設定や描写が必要になってくるはずなのにその努力を放棄していることと、これらはどうでもいい場面というわけではなくストーリーの根幹に関わる場面のために、ストーリーそのものが非常に白々しいものに感じられてしまいます。

中盤に描かれた悪魔との対決は釈迦が悟りを開く場面のオマージュでもあり、映画製作の全てのリソースを投入したとすら思えるかなり出来のいいCGも使われていてそれなりに見ごたえはあるのですが、やっているのは「左翼思想」に騙された被害者だと主張する父親になりすました悪魔を、悪魔と看破した瞬間にそれまでの会話は全部放り出して物理的に・・・いや、霊的にでしょうか、とにかく攻撃してぶっとばすという内容だったりします。
そして、この悪魔が主張していることは、言ってみれば主人公たちが主張することとは相反する現実主義的な、そしてそうであるが故に説得力のある話ばかりなのです。
ここで真に倒すべきは悪魔の存在そのものではなく悪魔の主張であり、悪魔の主張を論破してこそ主人公達が主張する思想の正当性も主張できたはずなのですが、残念ながらこれでは論戦では負けても戦って勝ちさえすればそれでいい、なぜなら自分は正義の側だからとでも言いたげな場面になってしまっているのです。

クライマックスは長く一方的な宗教的演説というかなり退屈なものでしたし、その演説が終わると同時に映画も終わりオウランの変化はテロップで説明されるだけという唐突な感があるものではありましたが、これはこの映画がオウランによる日本占領の顛末を見せることを主眼にしているわけではなく、あくまでこの状況において宗教的に目覚めて指導者となっていく一人の若者を描いたものだと考えれば特に問題はないのですが、そこで延々と言われている憎しみを捨てて愛で世界をどうのというのはもうどこから突っ込んだらいいのだろうと思ってしまうようなことでしかありません。
憎しみを無くし世界が愛に満ちれば世界は平和になる。
結構な話です。では、それを担保するものは一体何なのでしょうか。
愛ですか?自分が信じる愛が通じない相手がいたらどうするんですか?
悪魔と論戦をしたときは思い切り負けていたように見えましたが、やっぱり霊的な何かの力でぶっとばしますか?あ、平和じゃなくなった(笑)
といいますか、こんなことで世界が平和になるというのは、冒頭から随分と揶揄されていた憲法9条さえあれば平和というのと同じレベルの戯言でしかありません。
さらに言えば、憎しみを捨てろと言っても、オウランは日本が憎くて侵攻したという描写はありません。描かれている動機は領土的野心という憎悪とは別の感情(欲望)ですし、その占領政策も治安維持を目的としたもの以外は比較的寛容と言っていいもので、やはり日本に対する憎悪は感じられません。
彼らがやっていることはあくまで宗教を廃絶するという一つの価値観の強制であって、それ以上のものではないのです。
では、劇中で憎悪の炎を燃やしている人がいないかと言うと…… いました。
冒頭の演説を無視して自分たちを落選させた日本国民を憎悪している主人公たちが。
そして宗教を弾圧し自分たちの信仰心を破壊しようとするオウランへの憎悪を燃やす主人公たち。
つまり、この演説というのは、嫌な相手を自分が憎悪しておきながら、その相手に向かって憎しみ捨てて俺たちが信じる愛を信じろというどうしようもない話なのです。
そこには異質なもの同士が理解し合うという視点も無ければ自分が相手に歩み寄るという視点もありません。自分の絶対に正しい思想を相手が受け入れるのが当たり前、みんながこの思想を受け入れたら世界は平和というものなのです。
オウランがやっている宗教を廃絶した社会の強制的な創造と何が違うというのでしょうか。

ここまでいろいろ書いてきましたが、この映画は普通の娯楽映画ではありません。
何かと有名な宗教団体である「幸福の科学」製作による映画であり、あくまで教団の思想や教義を広報するためのいわゆる宣伝映画です。

観客も一般大衆ではなく教団の現役信者か、信者ではなくともこれから入信する可能性が高い人、あるいは入信まではしないにしても教団の政治組織である幸福実現党の政治理念や政策に共鳴する人、つまりは教団の思想信条に近い思想信条を持った人を主なターゲットとしているでしょう。
である以上、その思想信条をやや極端な形で表現するのも当然のことではあるでしょうし、宗教を守る立場を正義、それを排する立場を悪と考えるのも彼らにすれば至極当然のものではあるでしょうし、それ以外の立場のことを一顧だにしていないということも仕方のないことでしょう。
そしてこのような特殊な映画であるという性格上、一般の娯楽映画と同列に扱うことはできないでしょう。

とはいえ、クライマックスの長い演説にこちらがいろいろな意味で辟易しきっているのに周りからはすすり泣く声が聞こえてくるという、同じ映画を見てもずいぶんと違う感じ方をするものだと別の意味で感動してしまったのも確かで、幸福の科学の思想信条に近い人が見た場合は色々と感じることがあるのではないでしょうか。
そのあたりが評価が真っ二つ……、というよりも極端に高い評価か極端に低い評価のどちらかしかないというこの映画の評価につながっているのではと思えます。





posted by lasta at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

メン・イン・ブラック3

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター1
鑑賞日時:6月1日
評価:B+

原題:Men in Black III
製作:2012年 アメリカ
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:
ウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ
ジョシュ・ブローリン
エマ・トンプソン
ジェマイン・クレメント
マイケル・スタールバーグ

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画は宇宙人が地球に潜伏していることを隠ぺいするための政府機関、あるいはそこの属する人たちである「メンインブラック」が暗躍しているという都市伝説をもとにしたSFアクションコメディーシリーズの最新作で、今回は時間を超えて過去に遡った凶悪犯により存在を消されてしまった相棒「K」を追って過去の世界に行くというストーリー展開です。

なるほどと思える出来ではあります。
人間を偽装して町中に当たり前のように潜伏している宇宙人という驚きは相変わらずありますし、大袈裟すぎるくらいに大袈裟なアクションシーンも相変わらず健在です。
特に今回の最大の目玉と言える過去の世界の再現はなかなかいいものがあり、過去のMIB本部やその時代のエージェントが持つレトロなガジェットはなかなか面白く、効果的な雰囲気づくりができていましたし、後半の戦闘の舞台となったアポロ宇宙船発射の場面など、よくここまで撮れたなと感心するほどの出来になっています。

はっきり言ってしまえば、普通の人間かと思った?残念、宇宙人でしたという出落ち的なインパクトを延々とやり続けているだけのシリーズで、そういう意味での退屈感は否定のしようもないのですが、今作に関して言えば時間移動や時間に対する干渉という概念を取り入れたり、あるいはJとKの意外でちょっと感動的な関係を描いたりと、なかなかの意欲作でもあり、これはこれで悪くないというところにまではもっていけていると感じました。





posted by lasta at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。