2012年08月23日

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

TOHOシネマズなんば
PREMIER
鑑賞日時:7月11日
評価:B+

原題:魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
製作:2010年 日本
監督:草川啓造
出演:
田村ゆかり
水樹奈々
水橋かおり
桑谷夏子
高橋美佳子
久川綾
五十嵐麗

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は2000年代を代表する深夜アニメの一つと言える魔法少女リリカルなのはシリーズの第1シリーズを劇場版として再構成、リメイクしたものです。
第2シリーズ「A's」の劇場版公開に合わせてリバイバル上映されていましたので、まだ未見ということもあり見てきました。

色々言っても人気シリーズの出発点だけあって、さすがによくできています。
最初は敵として出会った二人の少女が徐々に心を開いていく様を中心に様々な人の想いが綴られていくストーリーを、友情努力勝利といった少年アニメ的な要素も織り込みつつ、戦う魔法少女という特殊なフォーマットで表現した構成はなかなか見事なもので、オーソドックスなストーリー展開に新鮮な味付けをするという娯楽作品の王道をきっちりと作り上げていると感じられます。

流れとしてはテレビ版と概ね同じ、というよりもテレビ版の再編集のようなものではありますが、前半をかなり端折ってあることを始め1本の映画として完全に作りなおされていて、総集編映画にありがちなまとまりの悪さが比較的抑えられていることが大きな特徴と言えるでしょう。もちろん、もともと1本の映画にするように作られているわけでもない地上波放送を無理にまとめているため冗長に感じる場面も少なくはないのですが、これはある程度仕方のないことだと割り切るべきでしょう。
長いシリーズ展開の中で後に追加された設定に関する部分が映像化されていることもファンには嬉しいところではないでしょうか。

アクションシーンや、魔法陣が空中に描かれるような独特の描写はテレビ版のころからかなり良いものがありましたが、その良さもかなり受け継がれています。
個人的にはレイジングハートのデザイン変更等ちょっと狙いすぎかなと思うところも無いわけでもないのですが、これは好みの範疇でしょう。

というわけで地上波版をうまくまとめ直したいい出来の「総集編」と言えると思います。
基本的にはファン向けの映画ではあるのでしょうし、やや特殊な分野に属するアニメ映画ではあるのですが、シリーズに興味を持ったまだ未見の人であれば地上波13話を今から見直す代わりにこの映画を見ても特に問題ないくらいの出来にはなっていると言えるのではないでしょうか。





posted by lasta at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

宇宙戦艦ヤマト2199 第二章「太陽圏の死闘」

なんばパークスシネマ
シアター10
鑑賞日時:7月3日
評価:A

原題:宇宙戦艦ヤマト2199
第二章「太陽圏の死闘」
製作:2012年 日本
監督:出渕裕
出演:
菅生隆之
小野大輔
鈴村健一
桑島法子



※ネタバレを含む場合があります。

宇宙戦艦ヤマト初期シリーズのリメイク作として製作進行中のヤマト2199シリーズ。今作もテレビ放映前に映画館でイベント上映をするという特殊な興業での上映で、この形の上映としては2作目になります。
今作も前作に引き続き昔のテレビシリーズをほぼ踏襲した内容で、初のワープから波動砲の発射、そして冥王星での反射衛星砲との戦いといった太陽系内での戦いを描いたものになっています。

いやいや今回も素晴らしい。
旧作の良さだった燃える部分はそのままに、SF的ミリタリー的なディテールアップが随所に施されていて、まさに舌を巻くほどに素晴らしい作品として仕上げられています。
木星の浮遊大陸や冥王星の海といった当時の大らかさだからこそ許されたような設定も、なるほどと思えるような設定で再構築されていて、改めてこのシリーズが非常に質の高いリメイクだと認識させられます。
反射衛星砲など旧作ではなんでわざわざ効率の悪そうな拠点防衛兵器を設置しているのだろうという感じもありましたが、今作ではあくまで遊星爆弾を作るための装置であり、それをヤマトの急な侵攻に対応して拠点防衛兵器に転用したという再設定の巧さには感心させられます。

戦闘の描写もなかなか良く、実体弾…おそらくは徹甲榴弾による攻撃を描写した浮遊大陸での戦闘も良いものがありましたし、双方がかなり完成度の高い作戦を立て流動的な状況に合わせて紙一重の戦闘を繰り広げる冥王星の戦いも良いものがありました。

今作で非常に良いと感じたのはシュルツのガミラス二級市民としての設定で、ガミラス人からは差別的に扱われつつも、地球に対しては滅亡よりも降伏して自分たちと同様な生き方をすれば良いという立場だと描かれているところです。
これによってシュルツが無理をしてでも戦果をあげないといけない圧力がかかった状態だということがよく描けていますし、旧作ではよく考えると変な感じもあった冥王星会戦時の降伏勧告ですらシュルツ個人の思想やある種の優しさも垣間見える良いものになりえたと感じます。

新キャラクターも今作から本格的に動き始めています。
こちらは割と最近のアニメの雰囲気を意図的に混ぜてある感じで、旧来のファンにはやや厳しいものがあるかもしれませんが、私的にはむしろ旧作の雰囲気よりもとっつきやすいものに仕上げられていると感じるくらいで、ひょっとしたら今後キャラソンその他の展開があるのかもと期待させられてしまいます。

ヤマトが未来世界の宇宙戦艦でありながら、中身はどう見ても海自の護衛艦だというところも健在でした。
今作では食堂の様子が映し出されていましたが、どうやら護衛艦乗りの子孫たちは宇宙へ行ってもトレイに直接おかずを盛りつけたり金曜はカレーの日といった伝統を守っているようです(笑

何にせよ、予想以上に私好みの作品になってきていることは感じます。
このままのクオリティを維持したまま、最後まで突っ走っていくことを期待してやみません。





posted by lasta at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。