2013年01月08日

カラスの親指

鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき
シアター5
鑑賞日時:12月20日
評価:A

原題:カラスの親指
製作:2012年 日本
監督:伊藤匡史
出演:
阿部寛
村上ショージ
石原さとみ
能年玲奈
小柳友
鶴見辰吾

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は道尾秀介の同名小説の映画化で、不思議な縁で一つ屋根の下に住むことになった詐欺師と仲間たちが人生の逆転を狙った大勝負をしかける、といった話です。

いや、これがなかなか面白い。
ストーリーは基本的には個性のきつい面々が集まり「敵」に対して様々なトリックを仕掛けて現金を盗み取ることで復讐を果たすといったような展開で、いわゆる詐欺を期待して見ると肩透かしを食らいはしますがこれはこれでオーシャンズを彷彿とさせる面白い流れです。
そしてここで試みられた現金強奪があまりにも一方的、あるいは都合良く成功したところで、話は一旦大団円を迎えます。

ちょっと消化不良気味だしもう一捻り欲しいけど、まぁ普通に面白いし、このくらいの単純なストーリーの方がわかりやすくていいのかもな… などと思っていたところから始まる種明かしがこの映画の真骨頂でした。

いや、やられました。
観客を騙す目的で小手先のトリックを多用する映画はいくらでもありますが、だいたいそういうものは得てしてストーリーが破綻してしまっていたり、伏線も何もあったものではない行き当たりばったりで観客を置き去りにしていくような展開だったりしがちなものです。
しかし、この作品に関しては最初からずっと細かい部分にトリックの伏線がばら撒かれていて、完全に騙されていたという驚きとともに、考えなおしてみても非常に納得のいく展開を維持できているばかりか、ただ驚かせるだけのストーリーではなく最終的にはちょっと感動までしてしまう人情話としてまとめるという素晴らしいものです。
この見事なまでの構成は脱帽するしかありません。

敢えて難を言えば、村上ショージの演技力でしょうか。
もちろん俳優が本業ではない人ですし、中盤までの展開で終わるのならややたどたどしさがある劇中の演技で何の問題もなく、むしろ素晴らしい仕事をしたとは言えるのですが、最終的に実は・・・ という役柄である以上、最後のシーン、特に長セリフの部分でのたどたどしさに難を感じてしまいます。
確かに非常に難しい役回りではあり、では誰がいいかと言われると非常に難しいのですが、香川照之のような演技力と特異な存在感を持った俳優を使った方が良かったのではとも思えます。

何にせよかなり面白い映画であったのは間違いなく、2012年の1年間に見た映画の中で一番面白かったものはどれかと言われたら、私はこの映画を推したいと思います。





posted by lasta at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

鑑賞映画館:シネ・リーブル梅田
シアター1
鑑賞日時:12月18日
評価:A

原題:魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
製作:2012年 日本
監督:草川啓造
出演:
田村ゆかり
水樹奈々
植田佳奈
清水香里
真田アサミ
柚木涼香
一条和矢
小林沙苗

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

2000年代を代表する深夜アニメの一つ、リリカルなのは。
魔法少女という特殊なカテゴリーの中でも友情努力勝利といった少年漫画的要素を前面に押し出したアクションとカタルシスを作りあげ、セーラームーン等から始まる戦う魔法少女の集大成と言ってもいいほどのものを作り上げた人気シリーズです。
そしてこの映画はシリーズの中でも評価の高い第2期「A's」を劇場版として再構成させたものです。
夏のロードショー公開の時は見に行くことができなかったのですが、劇中の季節に合わせたクリスマス直前のイベント上映に行くことができました。

さすがに元々の地上波放送時からかなり良いものだっただけに、かなり面白いと言えます。
特に敵対する相手の描写が非常に良く、ただの憎むべき敵としてではなく本来は分かり合える相手であるのに、真摯な想いから産まれた誤解とそれを元にした信念によってぶつかり合わなければならなくなってしまったところが丹念に描かれていることは特筆に値します。
反面主人公サイドの描き方が薄いのですがこれは特に大きな問題ではなく、前作で描ききっているので必要以上の説明は不要だろうという、続編という立場を上手く利用した構成であると感じます。
ストーリー的にはやや単調さを感じますが、今作がアクション主体で再構成されていることを考えれば十分すぎるくらいに感動的なストーリーを作り上げていると感じます。

というわけでかなりの良作だとは思えるのですが、地上波放送と比べるとかなりあっさりした印象を受けてしまいます。
特に第三勢力としてストーリーの進行に深く関わっていたグレアム提督に関する部分が完全に削られてしまっていることで、ストーリーそのものが両者の戦闘だけに特化した薄いものになってしまった感は否定できません。
また同様に、なのはの家族や友人といった日常の部分も殆ど描かれておらず、しかしポイントとなるところだけは描かざるをえないため、日常の中の非日常という元々の世界観とは逆に、非日常の連続の中に存在する特異な日常といった感じになってしまっています。
さらに、激しいシーンごとの間(ま)があまり無く、本来ならかなり重要だと思われる(例えば杖が自らの意思で新たな力を望むような)シーンですらかなり端折って無理やりに挿入した感があり、その場面の重みが伝わってこない感じがあります。

これは2時間半というこの系統のアニメ映画としては限界に近いような長さでありながら、それでも時間が足りないと思えるほどの内容を持っていることが原因でしょう。
確かに1つの映画としてまとめるには全てを入れるわけにはいかないのはわかります。
削除しても特に問題の無い部分が多かった1期と違い、序盤から濃密なストーリー展開がある2期を1本の映画として再構成させようとすると、この映画のような編集にならざるをえないというのもわかります。
そしてその制約下であることを考えれば非常に良くできているとは思います。

しかし、無理をして1つの映画にするよりも、むしろ前後編の2部作にして余裕のある構成にした方が良かったのでは、そう思えてしまうのもまた確かです。





posted by lasta at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。