2010年06月23日

告白


鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター3
鑑賞日時:6月7日
評価:A+

原題:告白
製作:2010年 日本
監督:中島哲也
出演:松たか子  芦田愛菜 山口馬木也 西井幸人 藤原薫 木村佳乃 岡田将生 橋本愛

映画生活 goo映画






※ネタバレを含む場合があります。

この映画は湊かなえ著の同名小説を映画化したものです。
予告等では生徒の中にいる犯人を探すという雰囲気の強いものがありましたが、実際には犯人は最初からわかっているけれども少年法で守られていて手が出せないのでもっと残酷な復讐に出るという、犯人探しよりも遥かにエゲツナイ話です。

いやいや、これは凄いです。
話の根幹は愛娘を殺された女教師の復讐劇ではありますが、実際のところこれは狂言回し的なものに過ぎないでしょう。
描かれているのは多くの人々の心理であり、それぞれが自分が信じる信念に従った結果として起こる数々の悲劇です。
たとえ本人の中だけでは正しいことをしているつもりだとしても…いえ、基本的に何も考えていない生徒たちの行動ですら、立場が異なる者に対してはいかに残酷なものであるかを複数視点で徹底的に描きだしているのです。

これは復讐であることを理解して故意でやっている森口はともかくとしても、おそらくは全てが生徒のためを思っての行動であると思われる熱血教師寺田の行動も、息子への愛情だけは間違いなくあり、そうであるが故に現実を受け入れられなくなった優子の行動も、母親に自分を認めてほしいという思いに取り付かれている修哉も、それぞれがそれぞれで短視眼的ではあるものの自分が信じるものに従った末の行動であり、そしてその結果として起こる悲劇を描いていくのです。

なかなか素晴らしいです。
とりとめもなくなりがちなこのテーマを、一人の女性の復讐劇という筋書きを導入することで一本の作品としてまとめあげたところもなかなか素晴らしいです。
森口が一旦退場したあとに起こる様々な事件ですら森口の意図によるものだということが後で判明するところもなかなか良いです。

そして何より素晴らしいのは、非常に重い話をしておきながら、最後は「なーんてね」と軽く締めることで見る側をいきなり現実に引き戻し、かえって様々なことを考えさせてしまうところでしょう。
この言葉は本来、自分ではこれっぽっちも信じていない物凄くかっこいい発言をした少年Aが自嘲のために用いた言葉であり、そのシンメトリーとして森口が少年Aに対して物凄くかっこいい発言をした直後に述べた言葉です。
その結果、森口は本当は何をしたのか、していないのか、本当は何を意図していたのか、劇中では明らかにされているようで実は示唆されているだけで明らかにされていない部分が心中で渦を巻いていきます。
そして、この映画のテーマは本当はどこにあるのかも…。

繰り返します。
素晴らしい映画です。

確かに描かれていることそのものはかなり極端で戯画的ではあります。
しかし、それを通して描かれているものは非常にリアルだと言えます。
リアルすぎてあまり見たくない世界とすら言えるほどに。

posted by lasta at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(8) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

告白
Excerpt: 登場人物全員が狂っているこの作品。ホラー映画のような恐怖ではない、ただ狂っている。 教え子に娘を殺害された教師を演じる松たか子。殺...
Weblog: とにーのブログ
Tracked: 2010-07-13 01:50

【告白(2010)】 偉業
Excerpt: ■『告白』公式サイト 【ネタバレあり】 原作本を図書館で予約しておいたら思いのほか早くに入手できた。普通は活字のが面白いだろうからスクリーンで観賞後に読むのがよかろうもんと思ったのだが、映画は..
Weblog: 明るいときに見えないものが暗闇では見える。
Tracked: 2010-07-14 12:08

映画:告白
Excerpt:  予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-07-29 01:27

映画「告白」
Excerpt: 映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-07-30 18:17

『告白』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-08-01 08:47

AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1位になった大島優子を見てきた『告白』大ヒット御礼!舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇1
Excerpt: 基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-08-07 19:16

『告白』 はじけたのは何か?
Excerpt:  「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-08-19 07:26

別館の予備(感想202作目 告白)
Excerpt: 7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X−MEN:ファ..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2011-07-17 12:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。