2010年11月21日

ソルト


鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター6
鑑賞日時:8月27日
評価:B

原題:Salt
製作:2010年 アメリカ
監督:フィリップ・ノイス
出演:アンジェリーナ・ジョリー リーヴ・シュレイバー キウェテル・イジョフォー ダニエル・オルブリフスキー アンドレ・ブラウアー

映画生活 goo映画






※ネタバレを含む場合があります。


この映画は、現役の女性CIA工作員が、ロシア大統領暗殺のために潜入したスパイだと名指しされることからはじまるスパイアクション映画です。

はっきり言って、ストーリーは無茶苦茶です。
驚きの展開と言えば聞こえはいいのですが、観客を驚かせたらそれでいいとでも言わんばかりの唐突で行き当たりばったりな展開が延々続きますし、突っ込みどころも笑えるくらい多いです。
そもそもいまだにアメリカと敵対しているロシアとのスパイ戦という、70年代か80年代の映画のような設定です。
とにかく観客を裏切ることだけを狙ったような展開は最後まで続き、いかにも続編が作られますというような唐突なラストで終わります。
はっきり言って、何が言いたかったんだというくらいの無茶苦茶な話です。

おそらく、この映画は真面目に見るような映画ではなく、ただアンジェリーナ・ジョディのアクションを見れればそれでいいという映画なのでしょう。
スパイものやポリティカルサスペンス的な味付けは、全てただの付けたしに過ぎないのでしょう。
そう思えば十分に及第点を付けられる映画だとは言えます。

思わせぶりな予告編からすれば、思い切り肩すかしを食らった感は否定できませんし、もう少しまとまりのある作りにできなかったのかと思わないでもないですが。

posted by lasta at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。