2010年12月08日

わが青春のアルカディア

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:11月13日
評価:B

原題:わが青春のアルカディア
製作:1982年 日本
監督:勝間田具治
出演:
井上真樹夫
富山敬
武藤礼子
田島令子
池田秀一
石田太郎

映画生活 goo映画





※ネタバレを含む場合があります。

この映画は松本零士の代表的キャラの一人であるキャプテン・ハーロックを描いたもので、代名詞的な艦であるアルカディア号との出会いなど、テレビアニメ版の前日談的な作品です。
当然ながら宇宙を舞台にしたスペースオペラ的なアニメではありますが、ハーロック一族の先祖にあたる航空冒険家の逸話や、WW2時のエピソードにも比較的長時間が割かれていて、戦場まんがシリーズのような宇宙ものではない松本色が顔を出しているのも特色と言えるかもしれません。

まぁ、何と言いますか、今の目で見ればかなり微妙な作品ではあります。
占領下の暗い世界に、突然流れてくるムード歌謡。
行き当たりばったりとしか言いようのない、まとまりのないストーリーに、突然挿入され、そして妙に長いWW2時の話。
WW2時の戦闘機用光学照準器で射撃できるという謎な…無理矢理伏線を回収させるためだけのものとしか思えない機能までついた宇宙戦艦。

言ってみればハーロックと、集う者たちの美学だけが見どころと言ってもいい作品です。
占領軍の司令であるゼーダとの互いに敬礼を行ってからの一騎打ちなどその最たるものと言えるでしょう。

考えてみれば個人の美学に従って叛旗を翻したハーロックはともかくとして、個人的な趣向で私闘に及び、ひいては占領軍全体に大きな打撃を与えてしまうゼーダなど、占領軍司令としての立場を弁えず、自己満足のために周囲を犠牲にしているとすら言えるものです。
しかし、これは美しく描かれ、逆にこれに反する生き方をする者は卑小に、醜く描かれるのです。
言わば理想主義者による現実主義者嫌悪を映像化したものと言っていいでしょう。

ですので、この理想、この美学に共感する者であれば、比較的長い映画ですが、何かを感じることは可能でしょう。
そうでなければ、ただ暗い世界で、何か勝手なことを言ってる連中が適当に暴れてる姿を見せられるだけになってしまうでしょうが。

posted by lasta at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172334443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。