2011年12月18日

スカイライン -征服-

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:11月10日
評価:B

原題:Skyline
製作:2010年 アメリカ
監督:
グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
出演:
エリック・バルフォー
スコッティ・トンプソン
ブリタニー・ダニエル
デイヴィッド・ザヤス
ドナルド・フェイソン
クリスタル・リード
ニール・ホプキンス

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。


この映画はロサンゼルスを舞台に、突然飛来した巨大UFOによる宇宙人の侵略を描いた作品です。
軍隊と宇宙人との戦いといったものも一部描かれはしますが、基本的には巻き込まれてしまった一市民を描き続けていくのが特徴で、巨大な生物兵器が暴れ回る雰囲気や、現場に居合わせた人の視点に近い映像を多用する手法はクローバーフィールドを彷彿とさせるものがあります。

まぁ、低予算ながら頑張りましたといったところでしょうか。
確かにいろいろと安っぽい部分は散見されます。
宇宙人や、その生物兵器の造形も安っぽいですし、舞台はほぼ一つのマンションの中だけ、それもほとんどは同じ部屋の中と屋上だけで話が進行していくと言っていいくらいに場面が変わりません。
出演者陣もなんとも地味で、派手なアクションシーンなど望むべくもありません。
しかし、意外なまでに見ていられる映画としてまとまっていた印象です。

特に、クローバーフィールドを思い出させるような出演者視点に近く、限定された視点で状況を追い続けるカメラワークが印象的で、次に何が起きるかわからない、そして一つの危機から脱出できたかと思えば次の危険が迫っているというスリル感の連続を演出できていますし、クローバーフィールドのように劇中で登場人物が撮影していたとい縛りもないことからある程度俯瞰した絵も入れられ、何が起こっているか全くわからなかったあの映画と比べれば遥かにわかりやすいものになっていると言えるでしょう。

マンションの一つの部屋からあまり動かずに話が展開していくことも、やや退屈な部分は否定しませんが窓の外で展開している非日常と部屋の中に残った日常という対比を作り出せていますし、そしてそうであるからこそ、どうしたらいいか全くわからない状況の中で少しでも元の日常に近い方で身を守りたいという意識も理解でき、同じ部屋からあまり動こうとしないという部分にある程度の説得力も持たせられています。

VFXに関してはいろいろ言ってもハイドラックス制作の映画です。
この予算規模の作品としては奇跡的なくらいによくできていますし、これだけでも見る価値があると言えるでしょう。

ですので、もしこの映画がそれなりに納得できる終わり方をしていれば、私はいい評価を出していたと思います。
しかし、どうにも終わり方が納得できません。

宇宙人は地球人の意思や行動をコントロールする技術を持っていました。
彼らが発する光を見ただけで地球人は思考を乗っ取られてしまうのです。
そして、その結果多くの地球人が抵抗もせず、彼らに捕まったのです。
こうして捕えられた地球人は宇宙人により解体され、その脳を利用して新たな宇宙人の尖兵が作られていったのです。
この部分もいろいろ言いたいこともないわけでもないのですが、まぁ使い捨てと現地調達可能な高度な処理装置として脳を使われているのだと考えれば、これはこれでいいでしょう。
人型ではないもう少し大きな生物兵器にも内部に人間の脳のようなものがあったことを考えると、宇宙人の戦法は地球人の脳そのものを利用して現地(地球)で兵器を生産し、そして侵略するというところにあったと考えられます。
あまり趣味のいいものではないとは思いますが、面白い発想ではあると思います。

しかし、宇宙人に捕らえられ、変わり果てた主人公がヒロインを助けようとして終わるラストは一体何なのでしょうか。
彼が宇宙人のコントロールを脱出する有効な能力を持ち得たことは断片的ながら一応描写されているので良しとするにしても、肉体的な能力では周りの同類と全く同じでしかなく、これではどう見ても多勢に無勢、映画のラストシーンの数秒後に惨殺されて終了だろうとしか思えません。
百歩譲ってアメコミヒーローのような力を彼が手に入れてヒロインを救うという展開がこのあとされるとしても(続編の話があるようですし、こうなりそうな気配濃厚なのですが……)これはこれでこの映画の中でそれまで展開されていた圧倒的な現実に対抗する無力な個人という悲壮な流れを全く無視したデタラメな超展開でしかありません。

もうどうしたらいいのだろうと思ってしまうようなラストで、様々な異星人侵略ものの要素をぶちこむだけぶちこんだあげくにまとめきれなくなった脚本家が、どうしようもなくなって無理やりな思いつきで終わらせたとしか思えないような代物です。
別に宇宙人を倒してのハッピーエンドでなければならないとは言いませんし、何か高尚なメッセージを出せとも言いません。
見ていてもう少し納得できる流れにしてくれたらそれでよかったのですが……。






posted by lasta at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241180347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。