2012年02月28日

MW-ムウ-

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:1月30日
評価:C+

原題:MW-ムウ-
製作:2009年 日本
監督:岩本仁志
出演:
玉木宏
山田孝之
山本裕典
林泰文
品川徹
鶴見辰吾
石田ゆり子
石橋凌

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画は手塚治虫の同名漫画の映画化で、米軍の化学兵器事故隠蔽のために亡きものにされかけた少年が、長じて復讐の鬼となるといったような話です。

正直、これは一体何なんだといった感想を持ってしまう映画です。
展開がひどくデタラメで漫画的なのは元々が漫画原作であることを思えばいいとして、この映画は一体何が言いたくて、あるいは何を表現したくて作ったのかがわからない程度のできなのです。

全体としては暗く凄惨で狂気に満ちた犯罪を繰り返しているにすぎず、そこに何らかの達成感や爽快感があるというわけではありません。
政治や外交といった話も、単純に話を大きくするために出してきましたという程度のものしか感じられず、物語の魅力を引き立てるという域には到底達していません。
各キャラもはっきり言って全く立っておらず、ピカレスクロマンによくある体制に与しない魅力的なアウトローの大活躍というわけでもなければ、犯罪者と官憲の危機迫る知恵比べが描かれているというわけでもありません。
様々なトリックをかいくぐってお宝を狙うようなスリルに満ちた話でもないですし、犯罪に至る心の闇を深く抉るというようなものでもありません。もちろん、法で裁けない悪党を不法な措置でやっつけるダークヒーローなどといったものでもありません。
それでは他の全てに目を瞑っても問題ないと言えるくらいに目を見張るアクションシーンがあるかというと、それなりに頑張ったシーンはありはするもののアクション映画として売れるような水準に達しているようなものではありませんし、サスペンス映画として謎が解かれていく過程を楽しめるかというと、確かに昔の新聞記者が残した手がかりといった面白い要素もあり、悪くはないものにはなっているのですが、逆に言えばその程度のできでしかありません。
つまり、一体どこが見所なのかもよくわからない映画になってしまっているのです。

元々の原作は同性愛による強い繋がりを持ちながら神父と猟奇犯罪者という対称的な道を歩むことになってしまった2人を描きながら、人間とは何かを描いているものでした。
もう一人の主人公と言える賀来が狂った犯罪者である結城を捨てられないのも肉体関係を持っていることを思えば当然ですし、神父でありながら同性愛者であるという許されざる要素を抱えていることも作品のテーマに寄与するものでした。
しかし、この映画では同性愛のような扱うのが難しい要素を極限まで排除した結果、2人の関係を強いものとして描くことができず、神父のキャラ立てがうまくいかなかったことが大きな失敗点だったと思えます。
このため、本来の作品の軸である両者の対称構造が大きく崩れ、完全に壊れた犯罪者の無茶苦茶な犯罪行為に対して、たまに小言を言うくらいしかできないが見捨てることもできない気弱な幼馴染といった感じになってしまっているのです。
それでもこの犯罪者が例えばルパン三世のように人間的な魅力に溢れていたり、あるいはバットマンのジョーカーくらいに突き抜けた個性や魅力を兼ね備えた狂気を持っていればまだ良かったのでしょうが、そこまでの思いきりがあるわけでもなく、変に小さくまとまってしまっていて、単に「MW」への私怨から社会を逆恨みしているおかしな人にしか見えなくなってしまっています。
これでは悪の魅力など望むべくもない中途半端なものでしかありません。

どうせ原作の大きな特徴である同性愛による結びつきをオミットしてしまうのならば、島から生き残ったもう1人を神父ではなく前半から出続けていた刑事ということにしたうえで、過去の事件をきっかけに心と体に傷を負った2人が、そのことをきっかけに片や社会への復讐を果たそうとする猟奇犯罪者への道を歩み、もう一方はそれを追う刑事になったというストーリーにしてしまえば、二人の腐れ縁にも説得力が生れ、それなりに面白いものができたのではと思えます。
あるいは本当に開き直って、狂気にとらわれた犯罪者である結城と、彼を何とかするために昼は神父、夜はダークヒーローとして戦う賀来という二人を描くアメコミ的なものにすれば、原作ファンは激怒するかもしれませんが、これはこれでかなり面白いものになりえたと思います。

まとめて言えば、映画化する際の事情で原作の良さが無くなったにも関わらず、代わりになる魅力を作り上げることができなかった失敗作であると、私はこの映画を評します。





posted by lasta at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英数・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254595181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。