2012年04月15日

宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遙かなる旅立ち」

鑑賞映画館:なんばパークスシネマ
シアター7
鑑賞日時:4月12日
評価:A

原題:宇宙戦艦ヤマト2199
第一章「遙かなる旅立ち」
製作:2012年 日本
監督:出渕裕
出演:
菅生隆之
小野大輔
鈴村健一
桑島法子


映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

ヤマトです。
もう何度映画化されたか数えるのも嫌になるくらいに毎度おなじみのヤマトです。
色々と微妙な復活篇、そして何を思ったか作ってしまった実写版に引き続きまた映画化されてしまいました。
今度はこれまでのように無理に無理を重ねたような続編や、ヤマトの名前だけ借りたような新シリーズではなく、最初のシリーズ…ヤマトと言えば誰もが思い出すデスラー総統率いるガミラスとの戦いのリメイク作になります。
今作は映画単体の作品ではなく、本来地上波向けに作られたシリーズを映画として先行公開するというちょっと特殊な興業になっていることも大きな特色と言えるでしょう。

正直言って、全く期待せずに見に行ったのですが、その感覚は大きく裏切られました。
これは素晴らしい。

ストーリー的には旧作をほぼ完全になぞっているもので新味は少ないにしても、新たに作りこまれた設定の数々が非常に効果的、かつリアルなのです。

すぐに気がつくのが旧作では諸事情により民間の調査船的な組織になっていたものが、今作ではかなり明確に軍事組織…というよりも海軍の一員として描かれていることで、階級も存在しますし、組織の名前も現在の護衛艦の艦内組織に近いものになっています。
階級が自衛隊式になっていることも個人的には嬉しいポイントだったりしますし、乗組員が艦名が入った識別帽をかぶっていたりなど、現代の海自の人たちがそのまま宇宙に行っているような錯覚さえ覚えます。
旧作ではよく考えるとよくわからない会敵で一方的な負け戦になった冥王星会戦も、「メ号作戦」と旧海軍的な名前を付けられイスカンダルの使者からガミラスの目を欺くため揺動作戦として位置づけられるなど説得力が増しています。
この会戦を指揮した沖田は艦隊司令であり、旗艦には別に艦長が乗っているというのも、海軍の組織としては当たり前のことではあっても、この手のアニメでは意外と無視されがちなことがきちんと描かれているのも評価できる点です。
ついでに言えば敬礼が挙手の礼、それもきちんとした海軍式の礼だったのにも感心しました。
どうせリアルに設定するのなら、階級章は海軍世界共通の大佐(1佐)が4本線、大尉(1尉)が2本線という奴にすればいいのにと思うほどだったりするくらいです。何しろ今作の階級章は3佐が海自の3曹に見えてしまいますので(笑

また、ガミラスにきちんと言語が設定されているのも雰囲気を出していますし、TV放映時になぜか途中で肌の色が変わったのも、初期に登場した肌色のガミラス人は被征服民族であるという設定を作ることでクリアできていて、なかなか上手いと思いました。

新キャラに女性キャラがやたら増えているのも、どう考えても無理があった森雪の役職を整理した上で、登場人物のバランスを考えればかなり増やす必要があるのは当然でしょう。
アホ毛まである萌えキャラ風味なところに不安感が無いわけではないですが、今からそれを心配してもしょうがないです。

気になった点で言えば、古代守が乗るユキカゼが特攻する場面で、旗艦を逃がすための囮になったというのはわかるのですが、描き方がロマンチシズムに偏っていたせいか、死にたいから死にに行ったと見えてしまうのはちょっと問題があるかと感じました。この「ユキカゼ」の機動が艦艇としては俊敏すぎるきらいがあったのもちょっと気にはなります。まぁこれは小型艦だからだというのが大きいでしょう。

何にせよ、まだまださわりの段階ではあるとはいえ、現時点では最上級の評価を出さざるをえないほどのものを作られていることだけは確かです。
このあとストーリーが進みにつれてTV版とどう違いが出るかなど、今後が非常に楽しみな作品だとは言えると思います。

個人的には、森雪=ユリーシャなんだろうなぁと見ていますが、さてどうなりますか。





posted by lasta at 03:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い作品ですね。2199。僕は原作の本放映時は中学一年でした。姉や母はハイジをカラーテレビで見ており、僕は古い白黒テレビで毎回見ていました。カラーで見たのは再放送。
僕も雪イコールユリーシャだと思います。一説にはヤマトにユリーシャの棺が運び込まれたといわれていますが。どうなのでしょう?
これから、おおむね2カ月おきですが、楽しみです。
Posted by ふー# at 2012年05月10日 12:52
こんばんは
再放送で火が付いたアニメの代名詞的作品なのに、本放送を見ておられたとはすばらしい。
今度のシリーズは本当に期待が持てますね。
2ヶ月に1度のペースが本当に待ち遠しいです。
Posted by Lasta at 2012年05月13日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『宇宙戦艦ヤマト2199』 変貌した古代守問題
Excerpt:  『宇宙戦艦ヤマト』のファンに求められるのは、何よりも忍耐強さだろう。  作る作ると云われながらいつまでも世に出てこない長い時間を耐え忍ぶことはもとより、できたらできたでトホホな内容でも我慢する....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-07-04 02:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。