2012年06月23日

テルマエ・ロマエ

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター3
鑑賞日時:4月29日
評価:A-

原題:THERMÆ ROMÆ
製作:2012年 日本
監督:武内英樹
出演:
阿部寛
上戸彩
北村一輝
宍戸開
勝矢
竹内力

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画はヤマザキマリによる同名漫画の実写映画化で、古代ローマ人が現代にタイムスリップしてきて巻き起こす様々なエピソードを綴ったコメディ映画です。

これはやられました。
基本的にはタイムスリップしてきた過去の人間が現代の技術を見て驚くさまを見て楽しむ割りとありがちなカルチャーギャップコメディとはいえます。
しかし、ただ無知な古代人がうろたえるさまを笑い飛ばして終わりというようなものではなく、その古代人が無理難題を抱えて悩む風呂技術者で、現代で「平たい顔族」が作り上げた様々なものから解決策を見出し、そしてローマ時代に戻って当時の技術でそれらしき…当時としては画期的なものを作り上げて問題を解決していくという一連の流れが作り上げられていて、その真摯なまでのひたむきさ、そして風呂に対する愛情はかなり戯画的ではあるものの感動的ですらあり、ただ笑い飛ばして終わるだけの凡百なコメディ漫画の類とは一線を画していると感じます。

さらにこの映画を引き立たせているのが古代ローマ人を演じる阿部寛で、たとえ濃い顔とはいえ日本人にローマ人役をやらせるのはかなり思い切った、そしてリスクの高い配役ではあったのでしょうが、この映画に限って言えば阿部寛の体当たりの好演もあって全く悪くないどころか、(現代的視点で見れば)ちょっとおかしな人を完璧すぎるほど完璧に演じきっていると感じました。
他のローマ人もそれぞれ濃い顔の役者さんが勢揃いで、そこもある意味見所と言えるかもしれません。

ところでこの映画、前半は割と原作に沿った展開ですが、後半になるに従ってラブコメ色が強くなっていくところが評価が別れる点かと思えます。
原作ではタイムスリップ先はそのたびにバラバラな場所で、あくまでローマ人ルシウスにとっての驚きにみちた異国文化をオムニバス的に描いているだけなのですが、この映画では漫画家志望の女性を軸にしてその女性との交流を描いているのです。
確かにこれは原作ファンにとっては余計な要素でしょうし、前半の勢いが後半で失われていく感があることも否定できないのですが、同時にあくまで短編の連続と言っていい原作のそれぞれの要素に現代日本側のつながりをもたせ、1本の大きなストーリーとしてまとめあげることができていて、これはこれでありなのではと思えます。

まとめて言えば、着眼点と発想がすばらしい原作に、阿部寛のすばらしすぎる演技、そしてローマ帝国の史実と現代日本が絡みあって展開する壮大かつ身近な物語など、どこをとってもなかなかよいものとして仕上がっていると感じました。
後半の現代からローマ時代にタイムスリップするあたりからの流れがちょっと気にはなるものの、それを含めてもかなりの良作と言えるのではないでしょうか。




posted by lasta at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り
Excerpt: 日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-04-27 20:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。