2012年07月16日

メン・イン・ブラック3

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター1
鑑賞日時:6月1日
評価:B+

原題:Men in Black III
製作:2012年 アメリカ
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:
ウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ
ジョシュ・ブローリン
エマ・トンプソン
ジェマイン・クレメント
マイケル・スタールバーグ

映画生活 goo映画


※ネタバレを含む場合があります。

この映画は宇宙人が地球に潜伏していることを隠ぺいするための政府機関、あるいはそこの属する人たちである「メンインブラック」が暗躍しているという都市伝説をもとにしたSFアクションコメディーシリーズの最新作で、今回は時間を超えて過去に遡った凶悪犯により存在を消されてしまった相棒「K」を追って過去の世界に行くというストーリー展開です。

なるほどと思える出来ではあります。
人間を偽装して町中に当たり前のように潜伏している宇宙人という驚きは相変わらずありますし、大袈裟すぎるくらいに大袈裟なアクションシーンも相変わらず健在です。
特に今回の最大の目玉と言える過去の世界の再現はなかなかいいものがあり、過去のMIB本部やその時代のエージェントが持つレトロなガジェットはなかなか面白く、効果的な雰囲気づくりができていましたし、後半の戦闘の舞台となったアポロ宇宙船発射の場面など、よくここまで撮れたなと感心するほどの出来になっています。

はっきり言ってしまえば、普通の人間かと思った?残念、宇宙人でしたという出落ち的なインパクトを延々とやり続けているだけのシリーズで、そういう意味での退屈感は否定のしようもないのですが、今作に関して言えば時間移動や時間に対する干渉という概念を取り入れたり、あるいはJとKの意外でちょっと感動的な関係を描いたりと、なかなかの意欲作でもあり、これはこれで悪くないというところにまではもっていけていると感じました。





posted by lasta at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メン・イン・ブラック3 : JとKの原点を見た
Excerpt:  今日の広島は雨ですが、涼しいなぁ。でも、明日からは気温がぐーんと上昇するみたいなので、デブの私にはつらくなります。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-11-04 11:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。