2012年11月27日

悪の教典


鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター1
鑑賞日時:11月13日
評価:B

原題:悪の教典
製作:2012年 日本
監督:三池崇史
出演:
伊藤英明
二階堂ふみ
林遣都
浅香航大
水野絵梨奈
山田孝之

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は貴志祐介による同名のサイコホラー小説の映画化で、人気も実力もあると評されている教師が実はサイコパスの凶悪犯罪者で、自らの犯罪を隠すために狂気の殺戮を繰り広げるといった筋書きです。

はっきり言って、映画としては失敗しているように思えます。
登場人物が異常に多く、その割にそれぞれのキャラが今ひとつ立っていないことや、特に生徒が皆同じように見えてしまうのというのがやはり大きな問題点でしょう。
ストーリー展開的にも前半は色々なエピソードを無理やりにねじ込んだ総集編的な作りでなんだかよくわからないままダラダラと時間が過ぎていきますし、後半の殺戮シーンに力を入れて描いている割にはほとんど同じような場面が続き、ただの作業を見せられているような気分にすらなってくるなど、全体にちょっとどうなんだろうという感を強く受けてしまうことは否めません。

確かに心理描写の部分はかなりよくできていますし、細かい伏線も結構しっかりしていて原作は非常に面白いのだろうということは伝わってきます。
さらに出演陣の演技も素晴らしく、特に主役の伊藤英明は爽やかな狂気という非常に難しい役柄を体当たりで演じきっていてただの肉体派俳優ではないところを見せつけています。
見所は非常に多いと言えます。

しかしそれでも映画としては失敗している感が否めないのは、作品が映画には向いていないということなのかもしれません。
もう少し長い時間をかけ、テレビのドラマシリーズとして製作されていれば、一人一人のキャラやエピソードをもう少し掘り下げることができ、心理描写もきっちりと描いた非常に面白いシドラマシリーズになりえたのではないか、そう思えます。
そういう意味で残念な作品であると感じました。





posted by lasta at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304117082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

悪の教典 : 「TO BE CONTINUED」だってば!!
Excerpt:  民主党が、次期衆院選での公約の一つに「TPP参加交渉」を明記するみたいですねぇ。私自身はTPP賛成なのですが、前回の衆院選における公約の達成度を見れば、全く信用でき
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-11-29 19:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。