2012年12月23日

黄金を抱いて翔べ


鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき
シアター8
鑑賞日時:11月30日
評価:B-

原題:黄金を抱いて翔べ
製作:2012年 日本
監督:井筒和幸
出演:
妻夫木聡
浅野忠信
桐谷健太
溝端淳平
チャンミン
西田敏行

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は90年に発表された高村薫の同名小説の映画化で、社会の裏側で強かに生きる者たちが銀行の地下金庫を破り金塊を盗み出そうとするという筋書きの話です。

人物の描き方は泥臭い人間像を描かせたら右に出る者がいないと言っていいほどの井筒監督なだけに、確かに鬼気迫るものがあります。
特殊な状況でのドロドロとした人間模様を描いているという意味では一見の価値はあるでしょう。

しかし、どうにも腑に落ちない映画と感じます。
何より、彼らがなぜ大銀行の金庫を破ろうというとんでもないことに挑戦しているかが全く伝わってきません。
首謀者からして家族を無くしたあとの自暴自棄での犯行というならまだしも、元気にいるうちから金庫破りをすることを決めてしまっている感じですし、なぜそんな無茶なことをするのか、仮に成功したとして何があるのか、その後どうするつもりなのか等、犯行の背景的なものが全く伝わってきません。犯罪を遂行しようという課程で家族を消されてしまうという悲劇に襲われても、そんなことより金庫破りをすることになってますという感じしか受けません。
何か特殊な美学なり何なり彼を犯罪へと突き動かすものでもあればそれでも良いのですが、それすら感じることができず本当にただ台本に金庫を破ると書いてあるから金庫を破ることにしますといった程度の説得力しか感じられません。現状を変えるために金庫を破らざるをえないというような強烈な動機など全く感じられないのです。
首謀者からしてこうでは他の参加者の動機など全く意味不明で、酒飲み話で怪気炎をあげただけなのを何故か本当に実行してしまってるといったレベルの話でしかありません。

話の展開、特に金庫を実際に破る場面などもう無茶苦茶としか言いようがなく、行き当たりばったりの杜撰な計画が警備や警察その他の間抜けな協力で何故か成功してしまうといった感じで、敢えて言えば同類であろうオーシャンズのような駆け引きの面白さなど微塵も感じられません。
細かいことは気にするなと言わんばかりの派手なアクションでもあれば評価もまた変わってくるのかもしれませんが、そういう映画でもありません。

そういうわけで、社会の裏側で必死に生きる人達という特殊な人間像そのものは悪くないものの、ただそれだけの映画だと感じてしまいます。
何より、大胆な犯罪をやろうというストーリーでありながらなぜそんなことをやるのかというところが全く伝わってこない時点で致命的なのではとすら思えます。

大阪を舞台にしながら必ずしも町に馴染みきれていない流れ者の主人公達といった雰囲気作りは非常に良くできているだけに、原作を含め何か根本的なところで自分には合わないタイプの映画なのだろう、そう思えてしまいます。





posted by lasta at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(3) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309398271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『黄金を抱いて翔べ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「黄金を抱いて翔べ」□監督 井筒和幸□脚本 吉田康弘、井筒和幸□原作 高村薫□キャスト 妻夫木 聡 、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン、西田敏行■鑑賞日 11..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-04-18 17:28

黄金を抱いて翔べ : 男たちの熱い思いが炸裂する
Excerpt:  今日も朝から暑いですねぇ。こんなだと夏が思いやられますよ。ちなみに、本日紹介する作品は、熱い心を持った悪党たちが奮闘するこちらになります。 【題名】 黄金を抱いて
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-05-22 11:19

「黄金を抱いて翔べ」 燃えられる何かに賭ける
Excerpt: 高村薫さんのデビュー小説を、井筒和幸監督で映画した作品です。 銀行の地下金庫に眠
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-05-25 10:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。