2013年02月02日

ホビット 思いがけない冒険

鑑賞映画館:TOHOシネマズなんば
スクリーン5
鑑賞日時:1月4日
評価:A-

原題:The Hobbit: An Unexpected Journey
製作:2012年 アメリカ ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
出演:
マーティン・フリーマン
イアン・マッケラン
ケイト・ブランシェット
ヒューゴ・ウィーヴィング
アンディ・サーキス
リチャード・アーミティッジ

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。

ホビットと言えば現代ファンタジーを作り上げたと言ってもいいJ.R.R.トールキンの大作「指輪物語」あるいはその映画版である「ロード・オブ・ザ・リング」、さらにその前日譚にあたる「ホビットの冒険」でも主役として活躍する種族の名前です。
そしてこの映画は「ホビットの冒険」の映画化であり、つまりは「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚ということになります。

なんと言っても圧巻なのは描かれた世界の美しさでしょう。
LoRの時点でもかなり美しく描かれていた中つ国が、今回はさらに美しく、そして雄大に描かれていきます。
映画冒頭から懐かしいシャイア、そしてフロドとビルボがLoRそのままに登場し、この二人の掛け合いから昔の冒険を回想するという流れで、LoRのファンであれば間違い無く世界に引き込まれる… というよりも懐かしくも愛すべき世界に戻ってこれたといった感慨に浸れることでしょう。

ストーリー的には元々かなり単純でそれほど長くない原作を映画化したということもあり、映画向けにオリジナル要素を大量に入れてありはするものの、かなり単純なものです。
もちろんストーリーを楽しむというよりも世界観を楽しむべき映画ですので、これは決して悪いことではなく、むしろ自然に楽しむことができて良いのではないでしょうか。

総じてLoRのファンであれば必見の映画です。
LoRに描かれた世界を補完するという意味でも見ておかなければいけないとすら言えるでしょう。
そうでない人でもかなり質がよく、ストーリーは単純なもののかなり楽しめるいい娯楽映画ではありますので、一度見ておく価値はあるとは思います。

それと、今回はハイフレームレート3Dで鑑賞することができました。
脳が感じる距離感と実際の距離との違いによる3D映画特有の疲れがあることは否定しませんが、映像はかなり美しく自然で、水中メガネの奥に3Dらしい映像が暗く見えるといったXpanD方式から短期間でここまで来たのかといった感慨にふけることができました。
さすがにまだかなり特殊な、ほとんどイベント上映のような形でしか無理なものかもしれませんが、このクオリティの3D映画が当たり前に見ることができるようになれば、3D映画というものが、あまり映画を見ないような人たちにももっと当たり前に受け入れられるようになるのでは、そう感じました。





posted by lasta at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ホビット 思いがけない冒険」 善なる者の象徴
Excerpt: J.R.R.トールキン作の「指輪物語」の前日譚となるのが、「ホビットの冒険」。
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-04-27 17:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。