2013年03月09日

フライト

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター2
鑑賞日時:3月1日
評価:B+

原題:Flight
製作:2012年 アメリカ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:
デンゼル・ワシントン
ドン・チードル
ケリー・ライリー
ジョン・グッドマン
ブルース・グリーンウッド
メリッサ・レオ
ブライアン・ジェラティ

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。


重大な航空事故を奇跡的な操縦で最小限の被害に食い止めた英雄である機長。
しかし、事故後の調査で血液中からアルコールが検出されたこで一転疑惑の人へ……というような映画で、予告を見た感じでは航空事故に関する法廷闘争を主に描いたサスペンスものという雰囲気が強かったのですが、実際には全く違う話で、かなりストレートにアル中(及びヤク中)でかなりダメダメなオッサンを描いた作品でした。

まぁ、そういうわけで航空事故はあくまで舞台装置に過ぎず、あくまで機長個人のアルコール中毒と虚飾に満ちた人生からの脱却を描いた作品です。
そう思って見ればなるほどと思える内容ではあります。

重大な航空事故の大きな原因として取りざたされ、もし飲酒を原因とする過失致死と認定されてしまえばパイロットとしてのキャリアを失うどころか終身刑すら現実のものとなりうる勤務前、そして機内での飲酒。しかし、それを認めず事実を隠蔽してしまえば英雄として遇され、自分も会社(組合)も万々歳。そしてそれは同時に自らにも他人にも嘘をつき続けなければならないということでもあるという葛藤を描いた映画です。
なるほどよくできた内容です。

ストーリー展開や描写も割と丁寧ですし、出演陣もかなりいい演技をしています。
映画の内容から見ればほとんど前座扱いではありますが、航空事故の場面の描写が非常に良いことも間違いありません。
よくできた映画だということは間違いなく言えます。

ただし、根幹となるところにアメリカ的、あるいはキリスト教的な価値観が大きく横たわっていることが気になります。
全体の構成としては、アルコールに浸る生活=旧来のアメリカ的な生活=自分も他人も騙し続けることで維持される英雄としての立場と、アルコールから脱却した生活=自分の罪を認め悔い改めて正直に生きる立場を対比させ、元々前者の立場だった機長が葛藤を繰り返しながら最終的には後者の立場を選ぶという筋書きになっています。
これはキリスト教的な価値観を前提にすれば(道徳の教科書的な価値観の押し付け感はあるにしても)かなりわかりやすく筋の通ったものではありますが、アルコールを飲んでの勤務を悪とすることのみを共通の価値観とした日本の視点ではかなり意味不明な言動と場面の多い映画だと感じることが多いのではないかと思われます。
つまるところこの映画は、アメリカの価値観で作られたアメリカ国内向けの啓発映画であって、本来はそれ以上でもそれ以下でも無いと思えるのです。

である以上あまり日本ではお勧めしにくいタイプの映画で、冒頭の航空事故の異様なまでの出来の良さのためにパニック映画として見に来てしまった人がかなり肩透かしを食らってしまうことになるのは、ある程度仕方のないことかもしれません。





posted by lasta at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(13) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343646527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画:フライト Flight 締まった演出で最後までよどみなくみせる、真実をめぐる人間ドラマ。
Excerpt: 監督=ロバート・ゼメキス 主演=デンゼル・ワシントン という、強力布陣。 予告編でも紹介されている通り、危機から多くの人命を救い ヒーローだったはずの航空機 機長。 ところが、彼が搭乗時に ア..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2013-03-09 20:39

『フライト』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「フライト」□監督 ロバート・ゼメキス□脚本 ジョン・ゲイティンズ□キャスト デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、      ジョン・グッドマン、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-03-09 20:42

『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突
Excerpt:  映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されて..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2013-03-09 21:09

映画『フライト』★運命の(あるいは神が与えた)フライト
Excerpt:     映画レビュー(ネタバレ表示)〜 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-03-09 22:30

[映画『フライト』を観た(寸評)]
Excerpt: ☆先ずは、今週のロードショー作品では『ジャンゴ:繋がれざる者』を観たかったのだが、どうしても、夕方の用事との兼ね合いで、今日は見ることが出来ず、こちらを観た。  予告編の印象では、なんか航空機事故の..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-03-10 09:17

■フライト
Excerpt: 第299回「人生の岐路に立たされたある1人の男の物語」 先日、行われたアカデミー賞授賞式。今年は表の主要部門は「リンカーン」が総なめにし、裏の技術系部門は「レ・ミゼラブル」が獲るだろうと予想していたの..
Weblog: しんちゃんの徒然なる映画日記
Tracked: 2013-03-10 18:45

映画:「フライト」♪。
Excerpt: 平成25年3月5日(火)。 映画:「フライト」。 監  督:ロバート・ゼメキス 脚  本:ジョン・ゲイティンス 音  楽:アラン・シルヴェストリ キャスト: デンゼル・ワシントン (Wh..
Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆
Tracked: 2013-03-11 09:56

【フライト】神に与えられたチャンス
Excerpt: フライト〜 FLIGHT 〜    監督: ロバート・ゼメキス    出演: デンゼル・ワシントン、ブルース・グリーンウッド、ドン・チードル、メリッサ・レオ、ジョン・グッドマン、ケリー・ライリー、..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2013-03-12 00:41

フライト
Excerpt:  『フライト』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、予告編で、旅客機が上下さかさまになって飛ぶ(背面飛行)シーンが映し出され、いったいどんなわけでそんな曲芸を演じることになるのかという点..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-03-18 22:07

映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない
Excerpt: 映画「フライト」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン ドン・チードル、ケリー・ライリー ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演 ロバート・ゼメキス監督、 138分、2013年3月..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-03-18 23:24

フライト お酒はほどほどに・・・・ε-(;ーωーA フゥ…
Excerpt: 【=17 うち今年の試写会2】 今日は大阪〜西宮で仕事、移動中はずーっとFM802をリスニング。 ディスクジョッキーはもちろんのこと、スポットのニュースや交通情報のお姉さんも、コマーシャルも、標準語..
Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
Tracked: 2013-03-19 09:16

映画「フライト」感想
Excerpt: 映画「フライト」観に行ってきました。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの製作を手掛けたロバート・ゼメキス監督と、「ザ・ウォーカー」「アンストッパブル」「デンジャ...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2013-03-28 19:29

「フライト」 コントロールする
Excerpt: 100人以上の乗員乗客を乗せた航空機が突如、制御不能になり、墜落の危機に。 それ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-04-27 14:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。