2013年03月18日

アルゴ

鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき
シアター2
鑑賞日時:3月7日
評価:A

原題:Argo
製作:2012年 アメリカ
監督:ベン・アフレック
出演:
ベン・アフレック
ブライアン・クランストン
アラン・アーキン
ジョン・グッドマン
ヴィクター・ガーバー
テイト・ドノヴァン
クレア・デュヴァル

映画生活 goo映画



※ネタバレを含む場合があります。


1979年に発生し、世界を震撼させたイラン革命。そしてその最中に発生したアメリカ大使館員が人質にされ長期間抑留された事件の裏話的エピソードである、カナダ大使館に避難していた6名を架空の映画撮影クルーだと偽装して脱出させるというカナダ政府とCIAにより実行された奇抜な作戦を元に作られたのがこの映画です。
史実としては機密になっていた期間が長いこともありセンセーショナルな内容の割には知る人ぞ知るといったエピソードで、この映画で初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。

一言で言えばかなり面白い映画です。
あまり好きな表現ではありませんが「ハラハラドキドキ」というのはこの映画のためにあるようなものだとすら思えます。
もちろん史実を元にしている以上どうせ最後は助かるんだろうというものはあるにしても、ちょっとした油断が死に直結するような状況でのギャンブルに近い逃避行という、それだけでも手に汗を握るような話を最初から最後まで見せ場たっぷりに描き出していきます。

当時の記録映画的な映像にすることをかなり意識しているようで、敢えて当時の記録映画のような画質にしてあるのもなかなか効果的ですし、映されている構図もかなり意図的に当時の映像らしくしてあるように感じます。
作品最後のスタッフクレジットのところで当時の記録映像と映画で使われた場面を並べて見せていましたが、そこまでやるかというくらいに当時の映像を再現してあることに驚きます。
言い換えるなら、当時の記録フィルムに映っていないところでこんなエピソードがあったとでもいうような、あるいは当時撮影されたまま未公開だったフィルムをこういう形で公開しているとでも言わんばかりの物凄い説得力を創りあげているわけです。
この結果、そこらのアクション映画など足元にも及ばないほどの面白さとリアルさ、そして垣間見えるケレン味まで含めて、非常に面白い映画が作り上げられているのです。

ここまで偏執的なまでに忠実に史実を再現したと言っていい画面作りがされていると、「面白い映画」にするためのある程度の脚色や設定の簡略化等はあるにしても、大筋では史実どおりだろうと思ってしまうものです。
しかし、ちょっと調べてみるとこれが全く違うことに驚かされます。
それどころか人物の設定、行動、起きたこと、その他ありとあらゆるところが史実とは全くことなり、むしろ同じなのはイラン革命の最中にアメリカ大使館員の6名が映画クルーに偽装して空路脱出したという、本当に大筋のことだけでしかないくらいなのです。

映画では非常に重要なものとして描かれていたCIAエージェントと家族との関係も架空のもののようですし、「アルゴ」というSF映画を思いつくエピソードも全く異なるようです。
クライマックスとして描かれていた空港での緊迫した場面も実際には機材トラブルで出発が若干遅れてたくらいでほとんど何もなく出国できたらしいですし、史実では大きな役割を果たしたカナダ政府など劇中では殆ど何もしないまま最後に手柄と名声を横取りしたような描かれ方をされている始末です。

つまりこの映画は実話を題材にしつつもほぼフィクションであり、架空の映画を撮るという実話を元に、実話のように見せかけられた架空のストーリーという奇妙な構造の映画だと言えるのです。

それではこの映画は一体何なのでしょうか。
製作者の意図としては必ずしも面白いわけではない史実をひっくり返して「面白い」娯楽映画を作り上げた。ただそれだけなのかもしれません。例えば「アンストッパブル」のようにハリウッドは時々そのような映画を作るものです。
そして、たとえそれだけだとしてもかなり評価できる面白い映画なのも確かです。

もしかすると一部で言われてるように親米宣伝映画なのかもしれません。
確かに、作品冒頭でアメリカの介入が革命を招いたことを説明してはいるものの、全体としてはアメリカというより、CIA贔屓の視点でしか描かれていないのは間違いありません。
とはいえ私はこれはCIAエージェントを主人公としたわかりやすい娯楽映画を作ろうとした結果であって元々の目的ではないと感じます。

では何なのでしょうか。
私はやはり実話を元にかなり割りきって作られた娯楽映画と見るべきだと感じます。
そして、その中に隠し味として含まれている映画、あるいはハリウッドに対する製作者達の強い思い入れと、圧倒的なまでの映像に対する拘りがこの映画をただのアクション映画とは一線を画した味わい深い作品にしたのではないかと思います。

何にせよ、かなり面白い映画です。
描かれていることを実話だと思ったり、この映画だけを見てイラン革命とは何かを断じたりするようなことは避けるべきですが、この映画をきっかけにしてイラン革命について学んだり、そこからさらに現代にまで続く中東情勢に思いを馳せるのも悪いことではないのではないでしょうか。





posted by lasta at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(16) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」

鑑賞映画館:なんばパークスシネマ
シアター7
鑑賞日時:1月18日
評価:A

原題:宇宙戦艦ヤマト2199
第四章「銀河辺境の攻防」
製作:2013年 日本
監督:出渕裕
出演:
菅生隆之
小野大輔
鈴村健一
桑島法子




※ネタバレを含む場合があります。

リメイク版ヤマトのイベント上映も早いもので4回目。
ついにドメル将軍が登場し、ヤマトへの攻撃を始めるところが描かれます。

始まってすぐにかなり驚く描写があります。
ドメル将軍が戦う相手がヤマト2での敵対勢力だったガトランティスの艦隊なのです。
さらに、次元潜航艇を指揮してヤマトに迫ってくるのはヤマト3でヤマトを苦しめたガルマン・ガミラスの名艦長フラーケンです。
このあたりかなり思い切ったアレンジが入っているようで、今後のシリーズの流れも昔のシリーズとはかなり変えてくるのではと感じます。

全体としては非常に面白い、の一言です。
前回の第三章は割と中だるみ的な印象が強く、ちょっとどうなんだろうという部分は否定できなかったのですが、今度はその感覚を完全に払拭した非常に面白い話が続きます。
中でもガミラスが心理攻撃を仕掛けてきた場面は、かつての名作「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」を思い出すような流れの中で、今作のおそらくはかなり重要なキーパーソンであろうユリーシャと森雪を描くという、非常に見どころも多くそして面白いエピソードとしてまとまっていました。

また、ガミラス側の人間関係もよく描かれていて、今後クーデターでも起きるのではとか、そのへんのゴタゴタの結果として古代とデスラーの間に個人的な友好関係が産まれるのかな、などと思ったりもします。

何にしてもかなり良い出来です。
まだまだ道半ばではありますが、今後も非常に楽しみなシリーズだと感じます。
地上波放送も無事に決まりましたし、イベント上映では見ていない多くの人にも見て欲しいと思うところです。





posted by lasta at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。