2010年12月24日

ザ・ウォーカー

鑑賞映画館:DVD
鑑賞日時:11月13日
評価:A-

原題:The Book of Eli
製作:2010年 アメリカ
監督:
アルバート・ヒューズ
アレン・ヒューズ
出演:
デンゼル・ワシントン
ゲイリー・オールドマン
ミラ・キュニス
ジェニファー・ビールス

映画生活 goo映画






※ネタバレを含む場合があります。

この映画は、マッドマックスを思わせる核戦争により文明が崩壊した世界で、一冊の本を運ぶために旅を続ける男を描いた作品です。

この映画、特に前半は別の作品を思い出す作りです。
世紀末救世主伝説というサブタイトルを付けられたあの漫画です。
実際、描かれているものも荒野や廃墟と化した街を旅しながら、襲いかかってくる悪党を次々に倒し、仲間と出会い、そして立ちふさがる悪の親玉と対決という流れなど共通点は多いです。

ただし、この映画の特色は、運んでいる本が聖書であり本人もまた啓示に従い信仰を力として旅をしているなど宗教色が極めて強いことでしょう。
特に中盤から後半になるに従ってその雰囲気は強くなり、どこかの宗教団体が布教用に作ったのではと思わせる感じになっていきます。
自らの権力のために聖書を欲した者が形としての聖書を手に入れはするものの、結局何も手に入れることができず自滅していく姿を描くあたり、その最たるものでしょう。
これで最後に宗教的な聖地に辿り着き聖者として迎えられるとか、その地を中心に神の教えが世界を覆い無明の世界に新たな光がなどという大団円を迎えるのならば、はいはいそうですかおめでとさんで終わりの宗教宣伝映画です。

が、どうもこの映画それで終わりではない気がします。
苦難の果てに辿り着いた場所はあまり宗教的ではなく、あくまで失われた文化の保存と修復を行っている場所…博物館と言った方が良いような場所なのです。
そして、持ち込んだことで宗教的な聖者として特殊な扱いをされたり、あるいはそこで宗教的な奇跡が起き周囲の人が神の教えに目覚めるなどといった感じは一切ありません。
あくまで失われた文化の一部を持ってきてくれた人がいた、それだけです。
さらに、画面上では一瞬のことでかなりわかりにくいのですが、再生された聖書が置かれた棚は、クルアーンやユダヤ教の聖典、その他いくつかの宗教書が並んでいる棚に過ぎず、この聖書…あるいはキリスト教を特別視しようという思想を感じることはできません。
つまり、男が一生を懸けて運んだ本は、彼らが収蔵する膨大の知識や文化の空いた部分を埋めただけでしかなかったのです。

これはいったいどういうことでしょうか。
神の啓示に従い、宗教的信念に満ちた旅をし、その本を自らの権力に利用しようとする者と戦い、物としての聖書は与えるがその内容は与えず、最終的には世俗的な多くの知識と同じ扱いをされる。しかし、それこそが神の啓示であり、神の示した道である、そういう話です。

これは、やたらと形式ばったり、聖書の文言にやたらと拘るキリスト教の一派に対するアンチテーゼなのでしょうか。
それとも、宗教色はただの舞台装置で、描きたいのは信念を持って目的を貫き通すことの尊さでしょうか。
私には何とも言えません。
しかし、どちらにしろ単純な宗教宣伝とは程遠いところにあることは感じられます。

何にせよ、一見したところ世紀末アクション映画でありながら、実はアクション映画とは言えない不思議な作りの映画です。
モノトーンを基調とした画面や、必要以上の説明をせず淡々と進んでいく流れなど、独特の存在感を作りあげることにも成功しています。
中盤でかなり強くなる宗教色に抵抗がある人も多いでしょうし、どうしても見る人を選んでしまうタイプの映画のような気はしますが、これはこれでありな映画と言えるのではないでしょうか。

posted by lasta at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター1
鑑賞日時:12月1日
評価:A-

原題:SPACE BATTLESHIP ヤマト
製作:2010年 日本
監督:山崎貴
出演:
木村拓哉
黒木メイサ
柳葉敏郎
緒形直人
池内博之
マイコ
高島礼子
西田敏行
山崎努

映画生活 goo映画





※ネタバレを含む場合があります。

今まで多くのアニメが実写化されてきました。
その多くは元の作品の世界観を壊しただけで新たな魅力を作り出すこともできず、ファンの失望や怒りとともに歴史の中に消えていきました。
そして去年の今頃、またひとつ人気アニメの実写化が発表されました。
その名は「宇宙戦艦ヤマト」
知らぬ者はいない、偉大な作品です。
この作品を実写化するというだけでも恐れ多い話だというのに、主演はアイドルとしてはともかく俳優としての評価は必ずしも高いとは言えないキムタク。
さらにヒロインの森雪に大胆な設定変更が入れられていることをはじめ、多くの設定に変更が入っているという情報が入っています。

はっきり言って、ここまで地雷臭のする映画は珍しいくらいでした。
映画館で予告編を見てもその感は変わることはなく、むしろネタ映画として楽しんでこよう、そのくらいの気持ちで劇場に行きました。

が、その気持ちは冒頭でいきなり裏切られます。
普通に見ていられるのです。

確かに、映像も演出もハリウッド制作の大作SFに比べれば遥かに劣ります。
スタートレック・エンタープライズやバトルスター・ギャラクティカといったテレビドラマにすら劣っているかもしれない程度です。
しかし、日本のSF映画もやればできるじゃないかという域に達していたのもまた確かです。

各キャラクターの設定変更も特に気になるものでもなく、むしろ女性を増やすことで現代的なイメージを作り出すことさえできています。
リファインされた艦載機のデザインもなかなか良いものがありますし、アニメよりも少し上の世代としてアレンジされた古代と島も悪くはありません。
昔のファンには気に入らない点になるであろうガミラスの大幅な設定変更も、これはこれで現代のSFドラマ的な雰囲気を作り出すことができています。
なんとなくスタートレックのボーグを思い出す集合生命体の設定や、なんとなくロミュランの艦艇を思い出す艦艇デザインだったりするのは、制作側がそのあたりを意識しているのでしょうか。

もちろん、粗は多いです。
特に時間に対して内容を詰め込みすぎた感が非常に強く、一つ一つの場面があまりにも早足で進みます。
この結果イスカンダルまでの距離感や時間の感覚が無さすぎ、すぐ近くの星にちょっと行ってきたという感すらあります。
また、おそらくはこの手のSF映画としてはかなり少ない製作費の都合ではあるのでしょうが、セットの一つ一つが妙に安っぽく、明らかにそこらのPCのキーボードがそのままコンソールパネルとして使われているなど、非常にチープな臭いがします。
多くの問題があることは間違いないところでしょうが、前後篇に分けたうえで、今作の数倍の予算を使って撮るべきだったのでは、そう思えます。

設定の粗も気にはなります。
特に、今回のガミラスの設定では地球を攻める必然性が今一つ見えてこないのです。
このあたりはもう少し詰めた設定が必要だったのではと思えます。

また、やや冗長なラブシーンも気にはなります。
ただ、これは日本の映画にはありがちなものですし、考えてみれば昔のヤマトでも冗長なラブシーンはありましたので、まぁ良しとしましょう。

しかし、これだけ粗があるとはいえ、意外なまでに見ていられる映画だということもまた確かです。むしろ、面白いと言っていい域にすら達しています。
どちらかというとアメリカのSFテレビドラマの臭いが強く、はっきり言ってギャラクティカの二番煎じ的な雰囲気もあるため、いわゆるアニメファンにはちょっとお勧めしにくい部分はありますし、昔のアニメシリーズの設定を少しでも変えると気に入らないという熱心なファンの方は最初から見に行かない方がいいとは思いますが、日本のSF映画もここまで来たという意味で見て損は無いと言える作品ではないでしょうか。

posted by lasta at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(7) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。