2013年12月24日

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

鑑賞映画館:TOHOシネマズ西宮OS
スクリーン11
鑑賞日時:10月26日
評価:A-

原題:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
製作:2013年 日本
監督:
新房昭之
宮本幸裕
出演:
悠木碧
斎藤千和
水橋かおり
喜多村英梨
野中藍
加藤英美里
阿澄佳奈

映画生活 



※ネタバレを含む場合があります。

2011年に放映され大きな話題になった魔法少女アニメ「まどか☆マギカ」
この映画は昨年公開された総集編前後編に続く映画化第三作。ファン待望の完全新作映画となります。
テレビ版の時点でもはやこれ以上望みようがないほどの大団円で完結した作品でもあり、もはや何をどうしても蛇足になるのではという大きな危惧もあったのですが、ここまで来たら見ないと仕方がないという意識で劇場に足を運びました。

結論から書きますと、続編かテレビ第2期がこのあとに続くという前提でアリな内容です。

既に完結しているストーリーに敢えてアンチテーゼをぶつけることでストーリーをもう一度動かすことを主眼としつつ、もはや普通の形での再登場は叶わないと思われていた以前の主要キャラを再集結させ、ファンの多くが見たいと思っていた数々の二次創作的なことをこれでもかとばかりに映像化し、さらには新キャラの顔見世までやってのけ一種のおまつり映画としてまとめあげたと言っていいような作品です。
これは逆に言えば単体の映画としてはかなり問題があるファン向け映画ということでもあり、テレビ版か先に上映された総集編の前後編を見ていることは当然として、そのストーリーや世界観を理解していないとおそらく全く理解できないような作品ではあるでしょう。

テレビ版は鹿目まどかが壮大な決意へと至った流れを他のキャラの壮絶な生き様、死に様を見せることで描き出すことに重点が置かれていました。
時間を操る能力を持ったもう一人の主役と言ってもいい暁美ほむらは「鹿目まどかを守りたい」という願いを叶えるため、まどかと出会ってから死別するまでの1ヶ月間を何度もやり直し、そのたびに失敗をし続けてきたというところが言わばテレビ版の舞台です。
最終的にはほむらの挑戦による「副作用」で巨大な力を手にしてしまったまどかが全ての魔法少女を救うために自己犠牲をしたことでほむらの願いは永遠に叶えられなくなったものの、鹿目まどかが作った新たな世界を守るというところに自分の気持ちを昇華させることができた。
言ってみればたったひとりの友達の死を受け入れることができず過去に捕らわれ続けていた暁美ほむらが結果的にその友達に救われ、未来に向かって歩き出すことができるまでを描いたストーリーでした。
苦味はあってもまさに大団円です。

しかし、今回はそれに大きく水をさしました。
暁美ほむらは冒頭で描かれた平和で楽しい魔法少女生活を送れる世界……極めて不自然なものではあっても「円環の理」の代理人たるさやかですらその存続を認めていた夢の世界をかなり手前勝手な論理で否定し、その世界とともに死ぬ決意をします。「円環の理」は魔法少女であれば誰であっても最終的には救いの手を差し伸べるというのに、その救いの手を自ら拒否する形での死です。
しかしこれは仲間たちの必死の努力で阻止されます。「円環の理」はたとえどうしようもなく絶望してしまった魔法少女であっても救いの手を差し伸べようとするのです。
そしてほむらは閉じた世界から救い出され、そして円環の理の導きで旅立つ……ところで円環の理こと鹿目まどかの力の一部を奪い、世界を作り替えてしまうのです。
それは冒頭描かれた夢の世界にも似た幸せな世界。
鹿目まどかが普通の中学生として存在する世界。
暁美ほむらがかつて熱望してやまなかった「まどかを守る」ことが実現できた世界。
それは同時にまどかの決意や思いを裏切り、都合のいい記憶を植え付け、自分に都合よく行動させることで無理やり実現させた世界でもあります。
「幸せ」な世界ではあるでしょう。
しかしそれが極めて不自然で、不安定なものだということは当のほむらですらわかっていて、まどかがいつか敵になることすら示唆しているのです。
おそらくは自らが作り上げた世界を以前と同じく壊してもらうことを心の奥底で期待しながら。

つまりほむらはテレビ版ラストでまどかを救えなかったことを後悔していたのです。
そして花畑の会話でまどかが日常に留まりたいと願っていると確かめたことでまどかを守りたいという元々の自分の願いを実行に移したのです。
その時会話をしたまどかが都合のいい記憶しか持っていないものであったとしてもそんなことは関係ありません。
ほむらは「まどかを守る」ために、まどかが特別な決意をする状況そのものを否定し、かつてまどかがやったように世界を作りかえたのです。
たとえそれがまどかが守りたかった様々なものを否定していたとしても、それが「まどかを守る」ことなのです。
これはテレビ版ラストでまどかがさやかの願いを尊重し、自分の願いであるさやか個人を救うことはしなかったこととは非常に対称的です。
ほむらのまどかを守りたいという願いにはまどかの意思は入っていないどころか、相反するものであれば簡単に否定してまう…それこそ記憶を書き換えて自分に都合がいいような行動をさせてしまうような独善的な願いなのです。ほむらはこれを愛と呼びました。
自らの願いの結果たとえ神にも等しい存在を汚すことになったとしても、鹿目まどかと仲間たちがそこにいる「幸せ」な世界を暁美ほむらは望んだのです。

繰り返します。
続編かテレビ第2期がこのあとに続くという前提でアリな内容です。
かなり不安定な終わり方でこれでいいのかという感を強く受けはしますが、テレビ版で描かれたストーリーに敢えてアンチテーゼをぶつけてきたわけですので、このあとジンテーゼでまとめてくればいいのです。
秩序と欲望という相反する陣営を描いたことでアメコミ的な世界観で続編をいくらでも作れる体制にも入っています。
ファンもかなり多い作品であり、続編の要求も強いことから、時期はともかく全く作られないということはないでしょう。

しかし、もしそんなものがなくこのシリーズがこれで打ち止めなら、私はこの映画に対しキャラファンに中途半端に阿った駄作であり蛇足そのものという評価を容赦なくしなければいけなくなります。





posted by lasta at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(4) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

図書館戦争

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田
シアター3
鑑賞日時:5月28日
評価:A-

原題:図書館戦争 LIBRARY WARS
製作:2013年 日本
監督:佐藤信介
出演:
岡田准一
榮倉奈々
田中圭
福士蒼汰
西田尚美
橋本じゅん
相島一之
栗山千明
石坂浩二

映画生活 



※ネタバレを含む場合があります。

この映画は有川浩原作の同名小説の映画化で、有害図書に対する強権的な検閲や押収、廃棄が実行されている世界で、図書館という検閲からの聖域を守るための防衛組織である図書隊の一員となった少女を描いた作品です。

なるほどなかなか面白い作品です。
基本的には自衛隊のような武装組織に入隊した夢見る少女の成長物語で、話としては比較的オーソドックスな青春もの、あるいはラブコメだと言えます。
しかし、これを図書隊という特殊な組織を舞台にすることで、自衛隊的な特殊な環境での特殊な人間関係を描きながら、自衛隊そのままでは描き辛い設定や展開、たとえば自衛隊を実戦に投入させようとするとどうしても必要になってくる諸外国との関係のような細かい事象をスルーさせて描くことがることができるという、非常に上手い構成で描き出しているのです。

もちろんこの作品もアニメ、あるいはライトノベルの実写化ではあり、過去に作られた多くの同様の作品と同様にキャラや世界観を実写という別の、そして演じる俳優によってキャラの印象を大きく歪めがちなメディアにどう落とし込むかという問題を抱えてはいます。
この点については図書隊を自衛隊的に解釈しすぎている(というよりほとんど陸自そのものになっている)感は否定できないものの、全体としては非常によくできていると思えるものとしてまとまっていました。
特に主役を演じた岡田准一、榮倉奈々は、キャラを演じている云々以前にこの2人のために原作が書かれたのではと思えるほどのなりきりぶりで、俳優とキャラが合ってないという実写映画によくある問題とは無縁の出来です。
これは他のキャラについても言え、アニメ版との解釈の違いはあってもむしろこちらの方がいいというような描き方をされているところが殆どだと感じました。
敢えていえば小牧2正が・・・なキャラになってしまっていましたが、この程度の改変はむしろ無いと面白くない部類と言えるでしょう。

図書隊が必要最低限の武装をした自主警備組織という本来の設定を逸脱し、殆ど完全に陸自の普通科連隊になってしまっていることはやはり気になる点ではあります。
ただ、これは演出的にも図書隊を自衛隊的に、対する良化隊を警察の機動隊的に描いたことがいいコントラストになっていますし、良化隊がやっている検閲行為が警察による防犯や治安維持を目的とした行動の延長線上にあるということや、それに対する図書隊があくまで「専守防衛」を旨とする防衛機関であるということもよく表しているでしょう。

もちろん細かく考えればそれこそ図書隊の成立から何からそれはどうなんだというような設定や描写は散見されます。はっきり言ってデタラメです。
と言いますか、元々原作からして女性作者ということもあるのでしょうが、かなりありえない世界観、ありえない舞台設定でかなり奔放かつコミカルに(しかし細い心理描写等は非常にリアルに)描かれた作品だったりします。
つまりはあまり細いことは気にしてはいけない系統の作品ということになりはしますが、そのあたりを割りきってしまえばそれなりによくできたラブコメとしてまとまってるとは言えるのではないでしょうか。





posted by lasta at 01:20 | Comment(2) | TrackBack(7) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。